苦しい現実をそのまま受け入れる、ということについて

挫折 ANOくんの思想

はい、どうもこんにちは、ANOくんです。
今日は現実を受け止めることについて。
今回の記事くらいで日常のぼんやり振り返り系は終了して
またこれまでのキャリアの経験やエンジニアという選択肢についての
記事を様々まとめられていけたらなと思っています。

これを思ったのがちょうど昨日ですね。
試験が終わってまたチョロチョロとブログを書いたり
開発に集中したりする日々が始まった際に
なんだか自分の中で違和感がありました。
もやもや〜とする違和感があって、なんだか思うように
現実に集中できない、進捗も良くない、
なんだろうこれ、ていうのがぼんやりありました。

例によってこういうモヤモヤって長引かせるとロクなことに
ならないのでモヤモヤの原因を探ってみました。

そこで判明したのが「今、自分が現実をそのまま受け止めることができていない」
ということでした。

こういう時の解決方法なんですが、意外と論理的に解決できることは
もう頭の中でされ尽くされていて、自分に見えていない、死角の部分に
解決策が潜んでいるっていうことは往々にしてあると思います。

何の気なしに、あー開発進まねえなあ、やれやれと思いながら
軽くネットサーフィンをしてた時にこんな記事に出会いました。

そう、みなさんご存知、錯覚資産という言葉を世に広めた
ふろむださんの記事です。
僕昔からふろむださんの考え方や価値観がすごく好きで
特にすごく調子がいい時やめちゃくちゃ調子が悪い時期に
ふらっと彼の記事を読みに言ったりするのですが
今回もこの中に解決策が書いてありました。

すごくシンプルなんですが、これですね。

ACT1 ACT2

(引用:悩みにふりまわされてしんどいあなたへ

最近、負けることが多く、前向きに振舞ってはいたけれども
実は心の中では敗北を受け入れられていない自分がいたことに気づけました。

エンジニアとしての力もまだまだ、試験にも落ちてしまった、
ブログの方も自分が思うようなところまでは全然いっていない、と
無い無い尽くしで、そんな現状を無意識に拒否していたのだなあと。

そう言った意味でやっぱり挫折経験って大事ですよね。
確かにその時は精神的に辛いものがあるけれど
今の自分がどの位置にいるのかっていうのをその挫折が正確に認識させてくれる
現状認知の矯正という役割を果たしているなあと。

またその時に改めて自分を見つめ直すことで
自分がどこに行きたいのか何をしたいのかを再確認することも
できるなあと。

人生もちろん勝つのが大事だけどたまには負ける経験も
あっても良いんだなあと今回の挫折経験で学ぶことができました。

こんな感じの、コラム的な、オピニオン記事的なのは
多分これが最後くらいになるのかな?と思います。

またボツボツ自分の経験をもとにいろんな記事が書けるよう
執筆のペース感、チューニングしていけたらと思ってます。

ではでは今日はこの辺りで。