【ストレスフリー】独身男性が田舎暮らしをするメリットを紹介

田舎暮らしをするメリット 暮らし

はい、どうもこんにちは、ANOくんです。
今日は独身男性が田舎暮らしをするメリットをお伝えしていけたらと思います。僕自身、昔東京に住んでいて満員電車で疲弊したり、人混みで苦しくなったり、都会での生活に疲れ果ててしまい田舎に帰って来たと言う過去があります。

今回は都会での生活と田舎での生活を比較しながら、独身男性の田舎暮らしの実態とメリットをお伝えしていけたらと思います。田舎への移住を少しでも考えている方はぜひ参考にされてみてくださいね。

田舎暮らしの実態とメリット

実態とメリット

出費が異常に減る

まず最初に挙げられる点がここ。出費は都会時代に比べるとめちゃんこ減ります。わかりやすいところでいうと家賃と食費。まずは家賃から見ていきましょう。東京のワンルームの家賃相場は7-8万円ほどですが田舎だとワンルーム3-4万円で借りれる物件が多数あります。まずここで月々の出費が3-4万円ほど減らされますよね。そして次に食費。東京に住んでいると外食が多かったり、そもそも食材の値段が高かったりで1ヶ月で5-6万円ほど費やしている方が多いのではないかと思います。ですが田舎だと安価で美味しい飲食店が数多くあったり、価格の安いスーパーが多数あることから1ヶ月で2-3万円ほどで食費が抑えられることがほとんどです。つまりは家賃と食費のみで月々6-8万円は出費を抑えることができます。
さらにあまり気付かないのですがかなり出費を抑えることができるのが”ストレス発散の費用”です。都会にいると誘惑が数多くあります。「ちょっと疲れたしご飯屋さん寄ろうかな」「ストレス溜まってるし女の子のお店に行こうかな」と目と鼻の先に誘惑がたくさんあるからこそついつい足を運んでしまい浪費をしてしまうことって多いんじゃないかと思います。その点、田舎にはそういったお店はほとんどありません。どれだけ疲れていても、どれだけストレスが溜まっていても、解消するものがないため結局は別の方法でその疲れやストレスを解消するようになっていきます。例えばウォーキングを始めたり、音楽を始めたりとお金のかからない趣味を持ったりするようになります。
僕自身、東京にいた時には上記で挙げたくらい(食費はプラスで2-3万)使っていました。それだけストレスの溜まる環境であったし物価の高い環境だったなあと振り返って見て思います。まずこの金銭面という部分だけでも田舎に移住することで多い人では10万円を超える支出の削減ができるのではないかと思います。

心穏やかに過ごせる環境が手に入る

次に田舎暮らしをすることでこの点も手に入ります。都会にいると絶えず人は周りにいるし毎日ギュウギュウになりながら電車に乗らなくてはならないし24時間どこかで明かりがついているし騒音も聞こえてくるしで1人で穏やかに過ごす時間が取りづらいと思います。一方で田舎の場合外を出歩いている人はまばらだし電車は1両か2両しかないこともあり、乗客もあんまりいないし夜の21時を超えると明かりがほとんど消えるし騒音もほとんどなく静かだしで1人でゆっくりする時間を手に入れることができます。
実際に僕自身、都会がうるさすぎるし人が多すぎるのが嫌になって田舎に来ました。自分1人の落ち着いた時間が全然取れないしいつも周りがうるさくてなかなかリラックスできないしでストレスが溜まりまくっていましたが田舎に来るとそのストレスはすぐに無くなりました。もちろん性格によるため一概に田舎が良いとは言えませんが落ち着いた自分の時間をとるにはうってつけの環境だと思います。

表面的でない人間関係が築ける

最後に挙げられるのがこの点ですかね。これは僕の感覚になるんですがどうしても都会の人って”ビジネスライク”な人が多い印象があります。田舎から都会に行った時に思ったのが「あれ、すれ違う時に誰も挨拶してない」ということでした。都会人からすると当たり前のことかもしれませんが田舎者からするとびっくりでした。それに肩がぶつかっても謝りもしない人もいるし列に並んでいても横入りをする人もいるしでどれだけ自分のことしか考えてないんだろうとイライラしていた記憶があります。「お金もらってるから」「仕事だから」みたいな形でみんなお面を被ってその役を演じていて、なんだか人の血が通っていないなあと思ったのが東京での生活でした。ですが一方で田舎だとすれ違う時に挨拶をすることが多いし列にはもちろんきちんと並びますしそれ以上にご近所さんが野菜を持って来てくれたり果物をくれたり世間話をしたりと人間味のある生活が送れます。確かにたまにはめんどくさいなとか忙しいのになと思ったりすることもありますがそういうのを全部ひっくるめても人間味のある生活を送ることができます。
都会にいると知らず知らずのうちに”効率”や”生産性”ばっかり考えてどんどん人間として血の通ったことを忘れていくのではないかと僕は思います。人間っぽい人間関係が築けるのも田舎暮らしをする大きな魅力のうちの1つなのかなと僕は思います。

田舎暮らしのデメリット

田舎暮らしのデメリット

次に田舎暮らしをするときのデメリットを紹介していこうと思います。

仕事をかなり頑張って探さないといけない

まずはこの点ですかね。「普通に給料もらえてたらそれでいい」くらいの考えの方だとそこまで問題がないのかもしれませんが「キャリアアップを目指したい」「仕事を通じてなりたい姿がある」というような俗にいう意識の高いビジネスマンの場合仕事は結構頑張って探さないと見つからない可能性が大きいです。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2017/dl/13.pdf(厚生労働省より引用)

こちらのデータにもある通りやはり田舎なので経営資源の”ヒト・モノ・カネ・情報”はどれも都会と比べると劣っている企業が多くその結果低賃金になっているケースが多いです。都会の方だと何千億、何兆の大企業がひしめきあっていますし従業員数も何千人、何万人で資金力も豊富で業界最先端の情報を用いてビジネスを進めている企業が多いかと思います。一方で地方の場合大きいところで数百億従業員は数百人だと多い方で数十人の企業が大半だと思いますし資金力もそこまでなく、情報も都会の方と比べると遅く時代の1歩前の部分をゆっくり歩いていっているという会社が多いのではないかと思います。
「ビジネス上でどんどん成果を上げてたくさん稼いで出世したい!」という方にはあまり田舎暮らしは向かないかもしれません。ただ一方でデメリットってこの1点、仕事面くらいなのかなと僕は思います。そもそも田舎暮らしを検討している人ってめちゃめちゃ遊びたいとか金稼いでいい家住んでいい車買いたいみたいな旧時代的な欲望爆発人間ではないと思うからです。そういう欲望爆発人間ならそもそも田舎暮らしを検討していないでしょうし。田舎の方だとやっぱり都会のような働き方はできないことが多いかもしれません。ですがそれ以外に自分の中で求めるものがあるのであれば田舎暮らしはメリットがかなり多くておすすめだと僕は思っています。

なぜ独身の時に田舎暮らしをすべきか

独身の時に田舎暮らしをすべき理由

最後にこれは僕の持論になるのですが独身の時に田舎暮らしをしておくべき理由をお伝えします。ズバリ「結婚するとその場から身動きが取れなくなるから」です。
仮に都会で結婚したとしましょう。収入は都会の会社から得ていますしなおかつ結婚することにより両家への挨拶や結婚式などどんどんと都会で進めてしまい、さらに年も重ねることで多少の不満や悩みがあってもなかなかその環境を変える決心がつきません。家庭もあるし、仕事もあるしそれにもし子供が生まれたりでもしたらより身動きが取りづらくなってしまいます。つまり田舎暮らしを試せる機会がなくなってしまうのです。
人間何か大きな決断をする時にはかなり体力も精神力も使います。さらにその決断をすることで失うものが多ければ多いほどその決断に要するエネルギーは増えていきます。独身から結婚をして子供を授かってという一般的なライフサイクルを辿れば辿るほど自分が守るべきものが増えてしまい決断をできなくなっていきます。だからこそ独身のうちに田舎暮らしが合うのか合わないかを検証しておいた方が良いと僕は思っているのです。もし仮にそこで合わなければ合わないでまた都会に戻るなりすればいいだけなので。
長い人生の中で”自分はどういう環境にいると一番幸せに感じられるのか”というのは早めに見つけておいた方がいいと、僕は強く思っているのです。もしあなたが今独身だとすれば今がチャンスです。フットワーク軽く動けるのは独身である今が間違いなく一番なのでぜひぜひ田舎移住を前向きに検討してみてくださいね。あなたにあった心地よい環境が見つかることを祈っています!
ではではANOくんがお届けしました。最後までお読み頂きありがとうございました。ではまた。