【ブログの習慣化が難しい原因】シンプルな解決策をお伝えします

ブログが習慣化できない原因 ブログ

はい、どうもこんにちは、ANOくんです。

ブログの習慣化ってどうやったらできるんだろう、、
なかなか継続してブログを執筆できない、、
ブログを習慣化させる方法を知りたい、、、

今日はこんなお悩みにお答えしていこうかと思います。

かく言う僕自身、つい最近までブログ運営に挫折し
4ヶ月間ほどブログを放置していました。(泣)

初期はなかなかアクセスが集まらないし
収益ももちろん出ないしで
「全然うまくいかん,,,」とモチベーションが下がり
心が折れそうになりますよね。

ですが1年以上ブログを継続していると
ブロガー初心者が挫折してしまうパターンのようなものが見えてきました。

そこで今回はブログの習慣化ができない原因
ブログの習慣化を行っていく方法について
何度も挫折を経験した僕の実体験をもとに
お伝えしていこうと思います。

ブログの習慣化ができない原因3選

ブログが続かない原因

まずはブログの習慣化ができない原因についてみていきましょう。

目標が高すぎる

まずはここですね。
僕もお恥ずかしながら初期は目標を高く立てすぎて
挫折してしまったことがあります。

例えば「半年で月100万稼ぐ!」とか「3ヶ月で10万PV超える!」とか
そういったものです。

たまにSNS上などではそういった目標を達成されている方を
ちらほら発見したりするのですが
大体そういう方って

①そもそも強い影響力や多数のフォロワーを持っている
②すでにWebマーケを何年も経験している

という方が多く、ブロガー初心者がその目標を達成するのって
野球経験のない高校1年生が入部半年で4番ピッチャーになり
甲子園に出るくらい難しいものだと思います。

初心者にしては難しすぎる目標を立ててしまい
理想と現実のギャップにやられ挫折してしまう、というのが
まずはブログを習慣化できない原因の1つとして考えられます。

タスクを細分化できていない

次に考えられるのが
タスクの細分化ができていないことです。

僕は「毎日記事1本書くぞ!」という目標を
ブログ始めたての頃に立ててしまったのですが
皆様の想像通り、速攻で挫折してしまいました。(笑)

今だと原因は手にとるようにわかるのですが
「記事を1本書く」というタスクって

・キーワードを選ぶ
・読者を想定しながら構成を考える
・本文を執筆する
・写真を挿入する
・文字のフォントを調整する
・全体の見直しをする
・etc…

などなど様々なタスクを行った上で完了するものですし
まだ記事を書くのに慣れていない頃は
必ずどこかの手順でつまづくので
相当能力の高い人でないと最初から毎日更新をするのは
難しいと思います。

作業の全体像が見えておらず
記事の執筆を1つ1つの手順に分解して捉えられていないこと
ブログを習慣化できない大きな原因と言えるでしょう。

他者との比較をしている

最後にこの部分ですね。
他者と自分を比較している人も
なかなかブログを習慣化していくのが難しいです。

SNS上にはすごい人がたくさんいます。
たった半年で収益100万円を達成している人もいれば
一記事で1万PV獲得できる人もいます。

そんなキラキラした人たちを見ていると
「僕なんてまだ月に2-30人にしか見られてないよ,,,」
と落ち込んでしまい、作業の手が止まりそうになりますよね。

僕も過去はTwitterにいるすごい人たちと自分を比較して
よく落ち込み、作業が止まってしまうことがありました。

本来は比べるべきでない人と自分を比べて
モチベーションを下げてしまうのも
ブログを習慣化できない原因として挙げられるでしょう。

ブログの習慣化を行う方法3選

ブログを習慣化する方法

ここまででブログの習慣化ができない原因について見てきました。
僕自身書いていて過去の失敗に胸が痛みましたし、
皆さんも思い当たるところがあったのではないでしょうか。

ではここからは何度も挫折を経験した僕の体験談をもとに
ブログの習慣化を行っていく方法についてお伝えしていきましょう。

確実にできる目標を立てる

まずはここですね。
確実に達成できそうな目標を立てることを意識してみましょう。

ブログを始める人って会社員だったり主婦・学生の方が
比較的多いように感じます。
そういった方って仕事や家事・学業に
日中の多くの時間を使っていることでしょうし
なかなか1日10時間ブログに首ったけになることは
難しいと思います。

なので例えば「1日1時間は必ず机の前に座る」とか
「3日に1記事は必ず書く、結果は気にしない」などといった
確実に自分ができる目標を設定するのが
ブログを習慣化するためには大事になってきます。

今皆さんが無意識で習慣にできている代表的なものに
「歯磨き」があると思いますが
これも「確実にできること」だったから習慣化できていると思います。

仮に歯磨きの重さが20kgあって持つだけで大変だったり
人間の歯が1万本あって、磨くのに何時間もかかったりすると
おそらく習慣化することって不可能だったと思います。

確かに結果の出ない期間は悶々とするかもしれません。
ですが結果を出す以上にまずは日々ブログに取り組む
習慣を整える方がよっぽど大事ですし
その習慣を少しずつ洗練させていった先に
結果の出せるブログ習慣が身につきます。

まずは自分が確実にできるところからコツコツと始めていきましょう。

タスクを細切れにする

次にタスクを細切れにすることが大事です。

前述したところになるのですが
「記事を1本書く」というタスクは

・キーワードを選ぶ
・読者を想定しながら構成を考える
・本文を執筆する
・写真を挿入する
・文字のフォントを調整する
・全体の見直しをする
・etc…

おおむね上記のような手順を踏みながらでないと
完了しません。

”習慣化をするには、自分が確実にできるところから始めよう”という
先ほど述べた部分にも通づるのですが
タスクを細分化し、自分が特に意識しなくても
こなせるような形で仕組み化しておくことで
記事執筆を習慣化していくことができるようになります。

例えば調子が悪い日に
全くタスクが細分化できていない状況だと
「今日は何も進まなかった,,ダメだ自分,,,」と自己嫌悪に陥りがちなのですが
タスクが細分化できていると
「今日は構成を考えるところまではできたぞ,,明日は完成させよう!」と
モチベーションを保ちながら記事の執筆を行うことができます。

人間には調子の良い時悪い時がどうしても存在しますし
不調の時ほど何かを辞めてしまいたくなってしまいます。
だからこそ不調時でも一定のパフォーマンスが出せるよう
タスクの細分化を行い、コンスタントに記事を書けるようになっていきましょう。

過去の自分と比較する

最後にこの部分ですね。
他者と比較せずに過去の自分と比較しながら
前に進んでいきましょう。

僕も過去は他者と比較してよく落ち込んでいたのですが
そもそも他者は比較対象にならないなとあるとき気づきました。

なぜならば他者は
そもそも地頭も能力も何もかも違う人だし、目指している目標も違うし、
得意なジャンルも違うし、と何もかもが違うのだから
比較のしようがないと思えたからです。

結局、比較できるのって過去の自分とだけです。
「昨日より少しうまく書けた気がする」
「先月よりアクセスが10PV増えた!」
これらって間違いなく過去の自分からの成長です。

比較は過去の自分とだけ行い
そして過去の自分を一歩ずつ追い抜かしていく気持ち
ブログ運営にあたっていきましょう。

習慣が人を成長させる

ブログを習慣化した先に成長がある

本日はブログの習慣化ができない原因と
ブログの習慣化を行っていく方法について
お伝えしてきました。

最後に僕が大好きな漫画「バーテンダー」の
名シーンをご紹介してこの記事は終わりにしようと思います。

バーテンダー名シーン

(バーテンダー9巻 Glass71 バーテンダーの恋 後編 より引用)

「しかし人は習慣に体を委ねることで
時に心の辛さを乗り越えることができます」

ブログ運営をしているとしんどいことがよくあります。
なかなか読まれない、結果が出ない、うまく書けない、などなど
心が折れそうになる瞬間は日々無数に襲ってきます。

だけど、そんな時に支えてくれるのが自分が作り上げた習慣だと僕は思います。
日々コツコツと積み上げた習慣が辛い時の自分を救ってくれます。

僕はこれまで何度も挫折しきましたが、
またコツコツ頑張っていこうと思います。
ぜひ皆さんも一緒に壁を乗り越え、成長した自分に会いにいきましょう。
ではでは今日はこの辺りで。