【プログラマーになるには?】未経験からプログラマーになった僕の体験談を紹介します

プログラマーになるには プログラミング

はい、どうもこんにちは、ANOくんです。

「プログラマーってどうやったらなれるんだろう、」
「未経験からでもプログラマーってなれるもんなんだろうか、、」
「挫折せずにプログラマーになれる方法を知りたいな、、、」

今日はこんな疑問にお答えしていこうと思います。

僕自身2019年4月からプログラマーとして仕事をしておりますが
未経験からプログラマーを目指した約1年前は本当にわからないことだらけ
毎日、頭を抱えておりました。

営業職からの転職だったのでなかなかアピールできる部分は少ないし
文系卒でそもそもIT系の勉強をしたことすらない状況だったしで
結構メンタルに来る日々を送っていました。

ですが様々な試行錯誤をしながら転職活動を行なっていったことで
今はサーバーサイドを主戦場とするバックエンドエンジニアになることができました。

現在プログラマーになりたい人の割合は非常に増えてきており
ネット上にも多くの情報が溢れていると思います。
ですが一方で「未経験の人にとって難しいこと書きすぎじゃね、、?」
と思える情報が多すぎるように僕は感じます。(笑)

そこで今回は僕の未経験からプログラマー転職を成功させた経験談を元に
プログラマーになる際にやっておくと良いこと
様々なプログラマーへのなり方
そして”挫折せず”プログラマー転職を成功させる方法
お伝えしていけたらと思っております。

未経験からでもプログラマーになれる理由3選

未経験からでもなれる理由3選

はじめに未経験からでもプログラマーになれる理由について
お伝えしていこうと思います。

需要と供給のギャップが凄まじいから

まずはここですね。今プログラマーの需要は凄まじいことになっていますが
全くもって供給が足りておりません。

IT人材不足のグラフ

こちら経済産業省が公表しているデータになるのですが
ご覧の通りIT人材の不足はどんどんと深刻化していっています。

最近になって「未経験からでもプログラマーになれる!」だとかの
発信や広告が増えてきていることの前提には
間違いなくこのIT人材不足の深刻化が考えられます。

”人が全く足りていない。だから採用したい”という
ものすごくシンプルな理由で
未経験からでもプログラマーになれる確率が高くなっているのです。

実は思っているほどプログラミングは難しくないから

次にこの点が考えられます。プログラミングってそんなに難しいものじゃありません。

未経験の方はよく

「プログラミングなんて自分はできるんだろうか、、」
「専門知識が必要だから大量に勉強しないといけないのでは、、、」

と不安に思われることが多いと思うのですが
1年ほどプログラミングを経験してみて思うのは
”思っていたよりも全然カンタン”ということです。

確かに最初はみなさんと同じように「自分にできるのかな、、」と不安になること部分も大きかったですが
いざ蓋を開けてみると「あーこれ誰にでもできる普通の仕事だなあ(笑)」という感想しか出てこなくなりました。

例えるならば「大学を卒業したばかりのピカピカの新卒1年生の時」と似た状況なのかなあと思います。
入った当初は先輩たちはめちゃめちゃ仕事ができるように見えるし
毎日の仕事はしんどいしで「自分にはできるんかな、、?」と不安に
なったことがある方って結構多いと思います。

だけど実際1年間やってみたら、トップセールスになったり短期で出世したりは難しいとしても
自分もある程度仕事ができるようになり、先輩たちがそんなにすごい人たちばかりではないことに気づくケースって
新卒初期のあるあるだと思います。

プログラマーになるのもそれと同じなんですよ。
今この記事を読んでくださっている方は
おそらく社会人経験があって、そこからキャリアチェンジを検討されている方が多いと思うんですが
多分、新卒の頃の感覚を忘れてしまっている人が多いと思うんです。

今、ある程度仕事に慣れ、責任を負い
「仕事はこなせて当然」という価値観になってしまっているからこそ
「最初からできなくちゃ」という前提でプログラマーを見てしまい
「自分にはできないかも、、」と
弱気になっているだけだと僕は思うのです。

だからこそ未経験からプログラマーになる時って

「新卒に戻った気持ち」

を持って取り組むことがとても重要なのです。

最初はなかなかできない、迷惑もかけるかもしれない、それでも
コツコツ粘り強くやっていって、いつか会社に貢献できる人材になろう!という
あの頃の気持ちを思い出しながらやっていくべきです。

そもそも企業側も最初から即戦力なんて求めていません。
僕自身そうでしたし、少しずつ実務を積みながら半年〜1年後に
貢献できる人材になってほしい、と思っている企業が大半です。

一度、自分の中で凝り固まってしまった価値観を捨て、
新たな気持ちでプログラマーを目指すことがかなり重要だと僕は思います。

文系卒の僕でもなれたから

最後にこの点も挙げられます。こんな僕でもプログラマーになれました。

「お前誰やねん」となる方も多いかと思いますので
遅ばせながら簡単にプロフィールをお伝えすると
1994年生まれのもうすぐ27歳の男子で、文系で大学を卒業後、
地方の零細企業に営業職として就職し、薄給と激務に苦しみながら1年半で退職、
そこから半年ほどのニート兼転職活動期を経て2019年4月よりプログラマーになる
といったどこにでもいる普通の人間です。

もちろんプログラミングなんてしたことはなかったし
大学自体もがっつり文系だったので、機械とかコンピュータの知識とかって皆無でしたし
毎日酒飲んで何も考えず遊びまくっていた典型的な大学生という感じでした。

そんな特に取り柄のない僕でもなぜなれたかというと
シンプルに

「それだけ人手が不足していたから」

ここに尽きると思います。

多分、今みたいに需要が高騰している時代でなかったら
僕はプログラマーになれていなかったと思いますし
最近どんどんとプログラマー採用がなされて少しずつ採用基準が上がっていることもあり
来年再来年の転職だとうまくいっていたかはわかりません。

このブログではよくいっているのですが
今IT業界で、はゴールドラッシュのような状況が起こっています。
一攫千金のチャンスが目の前に転がっており(超絶高騰しているプログラマー需要)、
金を掘るためのスコップも売られている(プログラマーへのなり方や勉強法などの有益な情報)状況です。

この章で最後に伝えたいのはこれだけ。

乗るしかない

では次の章へ移っていきましょう。

プログラマーになる前にやっておくべきこと3つ

プログラマーになる前にやるべきこと3つ

では次に僕がプログラマーになる前にやって、とても役に立ったこと
紹介していきます。

キャリアのたな卸しをしよう

まず初めにここ。キャリアのたな卸しが非常に大事です。

そしてたな卸しの際に

これまでの仕事とプログラマーの仕事に相関を見出す

という点が非常に大事になってきます。

現在、凄まじい勢いでプログラマーの需要は伸びてきていますが
当然、誰でも面接に合格できるわけではありません。
さらにプログラム自体にも触った経験のない未経験者であればなおさら
面接を突破することが難しくなります。

そんな時に何が重要になってくるかというと
先ほども述べた「これまでの仕事とプログラマーの仕事に相関を見出す」
という点になります。

これだけだと「相関ってどうやって見出したらいいんだろう、、」とか
「なんで相関を見出すのが大事なんだろう、、」といった部分が
わからずじまいになってしまいますので
実際に僕が転職活動期に行った”相関の見出し方”
これからお伝えしていこうと思います。

冒頭で述べましたが、僕は前職でHPやLP・動画などを販売する
デザイン系の会社で営業職として働いていました。
そして1年半ほど勤めていたので少なからず成果を出せていたり
業務にある程度なれることができていました。

一方でこれから挑戦しようとしている職種はプログラマーと
これまで全くタッチしたことのない領域です。
「どうすれば相手に期待を持てる存在だと思ってもらえるだろうか、、、?」
と頭をひねって考えた時に
「営業の仕事である程度結果を出せたのだから
営業とプログラミングに共通点を見出せれば期待感を訴求できるのでは
という仮説が頭に浮かびました。

「営業とプログラミングに共通点なんてあるのか、、真逆の仕事みたいに見えるけど、、」
と思われる方も多いと思いますが、
「仕事のフロー」という点に着目して、そのフローを抽象化することで、共通点は見えてきました。

まずは営業の仕事のフローを抽象化してみようと思います。

・アポを取る
・訪問して商談をする
・契約
・打ち合わせをして商品の仕様を決める
・商品をこしらえていく
・納品する
・アフターフォロー

これが実際に僕がしていた営業の仕事でした。
多くの営業マンも大体がこんな内容の仕事を毎日やっているのではないかと思います。

では次にプログラミングの仕事のフローを抽象化してみましょう。
当時の自分はプログラミングの仕事はしたことはありませんでしたが
ネットを見れば仕事内容はたくさん乗っていたのでそこから類推しました。

・要件定義
・設計
・開発
・テスト
・運用

上記がプログラマーとしての(厳密には設計からが多いが)仕事のフローになります。
こうして書き出して見ると共通点がぼんやりと見えてきます。

・要件定義(お客さんとの打ち合わせ)
・設計(打ち合わせ後、商品の仕様を決める)
・開発(商品をこしらえる)
・テスト(商品のクオリティを高める)
・運用(納品+アフターフォロー)

そう、実は営業で普段やっていることと
プログラマーとしての仕事って相関している部分がたくさんあることが
抽象化することによって可視化されるのです。

ここまで分かれば後は自分が
「フローの中の、どのフェーズで、より良い結果を出せたのか」
を考えていけば良いだけです。

例えば僕は多くのお客さんから満足していただけ
リピートをいただく機会が多かったので、実際の面接で

「前職でたくさんリピートを頂いた経験から
品質高く商品を作る力を身につけることができました。
言語こそまだ勉強中ですが、相手が何を欲するかを考え
納得のいくまで商品のクォリティを上げ続けることは
自分の誇れるヒューマンスキルであり
開発現場に入っても力を発揮することができます」

といったことを言い、相手にプログラミングの仕事との相関を見せることで
期待感を持たせることに成功し、結果として内定を頂くことができたのです。

今は”営業職”という一例を上げましたが
他の職種も抽象化してみてプログラマーという仕事との
相関をみてみると、思っている以上に共通点があったりします。

ぜひこれまでのキャリアを一度たな卸しした上で

・プログラマーの仕事フローとの共通点を見つける
・見つけた共通点で自分が特に結果を出せた点を整理して相手に伝えられるようにする

という2点を意識して面接に望めると
確度高く内定が見えてくると思いますので
ご参考にして頂けますと幸いです。

さわりの部分は勉強しておこう

次にこの点ですね。
どれだけ未経験からといっても、面接にいくまでにある程度
プログラミングに触れておくことが大事になります。
今、世の中には無料でプログラミングを学べる商材が溢れています。
Progateやドットインストールなどを使って
プログラミングに触れておくことがオススメです。

そしてオススメなのが

”どんなクオリティでも良いから自分で成果物を作って面接にいくこと”

になります。

何故ならば、面接官はあなたがどれだけ勉強をしているとか資格を取ろうとしているといっても
”面接の場で判断することは非常に難しいから”です。
だからこそ自分で何か1つでも良いのでプログラムを組んで
面接の場に行くことが非常に効果的になります。

昨今、プログラマーの採用基準がだんだんと上がりつつあります。
1つでも他の求職者と差別化できるよう
準備をしておくこと内定に繋がってくるでしょう。

どんなプログラマーになりたいかを考えよう

最後にこの部分ですね。自分がどんなプログラマーになりたいかを考えてみましょう。

この点は面接の基礎基本にはなりますが
その人の将来の姿が見えないと、相手は期待感を持てません。

なので、間違っていてもいいし、最初からものすごく明確にならなくても良いので
自分がある程度”こういうプログラマーになりたい”という理想像を持って面接の場に
臨むようにしましょう。

例えば「上流から下流までそつなくこなせるマルチなサーバーサイドエンジニアになりたい」とか
「お客さんにどんどん提案できて、売上に貢献できるようなフロントエンドエンジニアになりたい」とかそういったもので良いです。

Web上には多数の活躍しているプログラマーの記事が溢れています。
「どんなプログラマーになりたいんだろう、、」と考えながらネットサーフィンをしながら
一歩ずつで良いので自分の未来の姿を明確にしていってみましょう。

プログラマーへのなり方

プログラマーへのなり方

それでは次にプログラマーへのオススメのなり方について
僕自身の実体験を元にお伝えしていこうと思います。

プロの力を借りて内定を勝ち取る

まず初めにオススメなのがプロの力を借りることです。
そう、プロといえば転職エージェントの方々です。

僕自身、複数の転職エージェントに登録し
彼らの力を借りながら、なんとか内定を獲得できたという過去があります。
実際に転職エージェントを使ってどんな部分がよかったのか
これからお伝えしていきます。

業界・会社知識にめちゃめちゃ詳しい

まず初めはここですね。やはり業界のプロなだけあって
業界の知識にめちゃめちゃ詳しかったです。

何度もお伝えしていますが、僕自身全くの未経験からの状態で
プログラマー転職をしたので、当時は業界知識なんてものは
全くありませんでした。(笑)

ですが彼らからIT業界の繁栄の歴史を教えてもらったり
候補となる会社の社風や業務内容について
具体的に教えてもらったりしたことで
プログラマーという仕事がどういう仕事なのかより明確に理解していくことができましたし
理解が進むことで面接でどういった発言をしていけば相手から好評価を得られるのかも分かり
面接の場で自信を持って発言していける機会が増えていきました。

特に未経験から転職を行う場合、自分1人で応募して面接に行って
そこで評価を受けて内定をもらう、というのはよほどの根性があり
自分1人で質の高いPDCAを回し続けられる人でないと相当難しいものだと思います。

プロに自分の補助輪となってもらい、前に進みやすくして行くためにも
エージェントさんの力を借りることは非常にメリットが大きいと僕は思います。

自分にあった会社を教えてくれる

次にこの点ですね。自分に合った会社さんを教えてくれます。

1つ目の部分と被る部分にもなるのですが
彼らは多くの会社と取引をしており、多くの人材を転職成功に導いているため
”どのようなタイプの人にどの会社が合っているのか”を熟知しています。

転職エージェントに登録するとまず”面談”と呼ばれるものが行われるのですが
その際に、過去の自分の人生や、成功体験・失敗体験、前職でどのようなことをしていたのか、
自分の得意分野と不得意分野はどこか、どのような性格傾向をしているか、
などをかなり網羅的に深くヒヤリングしてもらうことができます。

実際に仕事をしていると、仕事にかかりきりで
自問自答をしたり自己分析をしたりする機会も余裕も
なくなってしまうと思いますが
エージェントさんに話をきちんと聞いてもらうことで
改めて転職の際には”自分を知る”という点に向き合うことができ
よりよい自己理解を深めていくことができます。

”敵を知り、己を知れば、百戦危うからず”という孫子の名言にもある通り
敵の情報はエージェントさんから聞き、己のことは面談を行うことで理解を深めることで
転職という戦に勝利していくことができると僕は強く思っています。

内定が取れるまで一緒に歩んでくれる

最後にこの部分が結構重要だったりします。
というのも転職活動って思っている以上にタイヘンです。

経験のある方なら実感があるかと思うのですが
学生時代の就職活動と社会人になってからの転職活動って天と地ほど差があり
特に2つ大きく異なる部分があると僕は思っています。

まず1つ目に「自分1人で内定まで活動をし続けなくてはならない」ということです。
学生時代の就職活動では、周りの友達などと一緒に、就活解禁のタイミングで
一括で就職活動をしていたと思います。
なので情報交換を行ったり、なかなかうまくいかない時は励ましあったり
どうすれば行きたい企業から内定を取れるのかを話し合ったりすることができたと思います。

ですが転職活動は1人で行わなくてはなりません。
転職のタイミングは自分で決めるものですし、誰かと一緒に一斉に行うようなものでもありません。

だからこそ、しんどい。特に精神的にすごく苦しいものがあります。
そんな状況の中で「いや俺これまで全部1人でなんとかしてきたし」という自信のある方なら
1人で全て行えるでしょうが、実際にそこまでメンタルの強い人ってそこまでいないと思います。

気付かぬうちに周りからサポートをもらえていた就活期と比べ
転職活動は孤独との戦いになるし、だからこそ精神的にもサポートしてくれる人を
味方につけておいた方が良いと僕は思うのです。

2つ目に「経験と実績で採用が決定されることが多い」という点です。
新卒採用の場面では原則は”ポテンシャル”に重きをおいて
学生たちを一括採用して行きます。
ですが転職活動では”経験と実績”に重きをおいて
採用活動が行われます。
皆までいう必要もないと思いますが、当然採用の難易度は上がります。

だからこそ、プロの力を借りた方がいい。
難易度の上がる挑戦だからこそ、成功の確度を極限まであげた方がいい。
学生時代は友達と一緒に流れに沿って行けば内定が得られていたかもしれませんが
転職活動ではそうはいきません。
立ってるものは親でも使え、ではないですが
内定を勝ち取るために使えるものをとことんに使っていく姿勢も
転職成功の重要なファクターになると僕は思います。

【重要!】挫折せずプログラマーになる方法

挫折せずプログラマーになる

いよいよ終盤にさしかかってきました。
ではではここではプログラマー転職をする際に
”一番重要”と言っても過言ではない
”挫折せず”転職を成功させる方法について
みなさんにお伝えしていこうと思います。

一歩でも前に進めた自分を褒めよう

まず最初に大事なのがココ。
毎日一歩ずつでも前に進めた自分をめちゃくちゃ褒めましょう。

バカみたいなに感じるかもしれませんが
実はこれがじわじわと転職活動後期に効いてきますし
実際に僕は毎日「今日進められたところ」というテーマで日記を書き続けていました。

なぜ毎日前に進めた自分を褒めるのが大事かというと

「プログラマー転職は失敗の連続であるから」

です。

最初はなかなか応募にも受からない日々が続くかもしれませんし
面接でも思ったようなアピールができず不採用続きになるといったことは
結構よくあるケースだと思います。

やっぱり人間って結果の出ない日々が続くと
どんどんと弱気になってしまう生き物です。
「自分にはプログラマーは向いてないんじゃないか、、、」とか
「やっぱり今の職種でやり続けた方がええのかなあ、、、」とかと
プログラマー転職をしていたら
間違いなくこういった不安に襲われる日が来ます。

ですがそういった不安に襲われ続けていたら、足が止まって来ますし
足が止まると思考もよどみ
その結果、ずっと内定が取れないという悪循環にハマりかねません。

だからこそ毎日自分を褒め続ける必要があるのです。
”内定という結果”は自分ではコントロールできないけれど
”自分の行動”は自分でコントロールできます。

「今日は応募を1社出せた!」とか
「面接で今日は想定していたことが言えた!」とか
そんなことでいいと思います。

諦めずに挑み続ける限り、必ず結果はついて来ます。
不安に負けて挫折することを防ぎ
前に前に、一歩ずつでも前に進み続けるために
一歩でも行動した自分を褒め続けるのは
非常に重要だと僕は思います。

人と”絶対に”比べない

次に大事なのがこの部分。
決して人と比べないようにしましょう。

SNSを見ると「1ヶ月でプログラマー転職できました!」とか
「たった3ヶ月で40万円の案件受注!」とかっていう
猛者の情報が流れて来ます。

そんな時に「俺は5社も連続で落ちちゃったよ、、、」とか
「3ヶ月経ったけど面接にすら行けてないよ、、、」とかと
結果の出ていない自分と比べて、落ち込んでしまいたくなることもあるかと思います。

そうなる気持ちもわからないでもないのですが
はっきりいってその時間はタダの無駄です。
落ち込んでも内定はやってきませんし
人と比べて自分の限りあるエネルギーを削ぐという
愚かな選択と言わざるを得ません。

別に人と比べてどうこうじゃないんです。
あなたがプログラマーになりたいと思ってそこに挑んでるんだから
周りにどう言われようが、他と比べて歩みが遅かろうが
あなたのペースで前に進めれば良いだけの話です。

人と比べず、過去の自分とだけ比較しながら、前に進む。
挫折をせずにプログラマー転職をするためにはこの点も非常に重要になるかと思います。

自分は「エジソンになった」と思い込もう

最後に、少しライフハック的な考え方になりますが
この考え方をするのもオススメです。(実際、僕してました)

先ほども述べましたが、未経験からのプログラマー転職は
失敗がたくさんの毎日になるかと思いますし
精神的にもしんどい日々が続いていくかも思います。

そんな大変な日々が続いていくからこそ

”失敗”に対しての考え方を改める必要

があります。

”失敗”を”失敗”として捉えるのではなく
「自分はうまくいかない方法を1つ発見したのだ」
前向きに捉え続けることで
”失敗”を”成功の種”にしたためていくこと
非常に大事になってきます。

この話をすると「そんなん誰でも知ってるしwww」とバカにする人がいますが
そういった人は「知ってること」と「できること」の違いを理解できない
IQ2の負け組人生を余儀無くされることが決定されていると
僕はよく思ってしまいます。

この記事を読んでくださっている賢明な読者さんは
IQ2のアンポンタンとは違うと思いますし
この考えを実践に落とし込むことでの効果は計り知れませんので
ぜひエジソンになったつもりで
プログラマー転職に挑戦してみてください。

自由への道は、目の前に開けている

自由への道

ここまで僕の経験談を元に
未経験からプログラマー転職をする方法について
お伝えさせて頂きました。

ここまでで散々、プログラマー転職をする際に
大事なことをお伝えさせて頂きましたので
最後に1つだけ僕の大好きな言葉を残して
この記事を終わりにしようと思います。

結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。
決してあきらめない姿勢が何かを生み出すきっかけをつくる。 イチロー

僕自身10社ほど応募を出して受かったのは1社だったし
何度も何度も失敗し、苦しい状況が続いても
諦めずに挑み続けたからこそ今の自分があると思います。

ぜひ皆さんも最後まであきらめずに挑み続けて下さい。
その先に、プログラマーになる以上に、大事なものが見つかりますから。

では今日はこの辺りで。