【失敗しない特化型ブログのジャンル選定方法】3ステップに分けて紹介します

特化型ブログでジャンル選定以上に重要なこと ブログ

はい、どうもこんにちは、ANOくんです。

「特化型ブログを作る時ってどんなジャンルを選べばいいんだろう、、」
「稼ぎやすいジャンルが知りたい、、」
「特化型ブログで失敗しないジャンル選びをしたい、、、」

今日はこんな疑問にお答えしていこうと思います。

ブログを始めたはいいものの、
どんなジャンルに特化したら良いのかと
悩まれている方は非常に多くいらっしゃるかと思います。

実際、僕も当ブログを運営して1年経ち、
現在では、“ブログ”  “転職”  “プログラミング” という
3つのジャンルで記事を執筆していますが
最初の頃はジャンル選びで
非常に苦戦して、思うようにアクセスを集めることができませんでした。

そこで今回は過去の自分の経験をもとに
初心者ブロガーは
どんなジャンルを選ぶべきなのか、そして
そもそも稼ぎやすいジャンルは何なのかなど、
体験談を交じえながら“失敗しない特化型ブログのジャンル選定方法” について
お伝えできればと思います。

ジャンル選びが重要な理由3選

特化型ブログのジャンル選定の5つのポイント

ではまずは、特化型ブログにおいてジャンル選びが重要な理由
僕の経験談をもとに3つに分けてお伝えしていこうと思います。

間違ったジャンルを選ぶと1000記事書いても稼げないから

まず、繰り返しにはなりますが、
特化型ブログでは “ジャンル選び” が最も重要です
なぜなら、間違ったジャンルを選んでしまうと、
どれだけ数多くの記事を書いたとしても、稼げないからです。

具体的に言うと、間違ったジャンルとは

①需要がない(低い)ジャンル
②競合が強すぎるジャンル

の2つが挙げられます。

①需要がない(低い)ジャンルとは、
”現代においてほとんどニーズのないジャンル”のことです。
例えば、“そろばんの使い方” という記事を執筆したとしても
今そこを知りたい人っておそらくほとんどいませんよね。

当然のことながら、今の時代において価値のある情報をユーザーは求めているため、
より多くの読者に読まれるであろうジャンルを選ぶべきです。

また、②競合が強すぎるジャンルとは、
主に、下記のようなジャンルが挙げられます。

・料理
・恋愛
・ダイエット
・美容
・転職
・副業
・節約
・旅行

これらのジャンルは
メディアを運営する大企業も競合になりうる場合があります

例えば、「料理 レシピ」と検索したときには、
料理レシピ検索サイトの「クックパッド」や
レシピ動画配信サービスの「クラシル」
「DELISH KITCHEN」などが検索上位に表示され、
個人が執筆する記事が上位に掲載される可能性は極めて低いです。

つまり、間違ったジャンルと言える
需要がない(低い)ジャンルや競合が強すぎるジャンル
個人で戦っていくことは極めて難しいため
特化するジャンルとしては避けるべきだということなのです。

どれだけ良い記事を書いても読者がいないと意味がないから

次にこれですね。
良質な記事を書いたとしても読者がいないのであれば、全く意味がありません。

例えば、先ほどの話と少し被りますが
ガラケーの魅力についての記事を
どれだけライティング力に定評のあるライターが執筆したとしても
多くの人に読まれる可能性は非常に低いですよね。

記事の質よりも重要なのは
ジャンルにニーズがあるかどうか、
つまり、読者が存在しているか否かなのです。

「ニーズ(需要)がある」=「読者が存在する」

自分が執筆しようと思うジャンルは、
ニーズがあるかどうかを見極めることが重要です。

ニーズがあり、読者が存在するからこそ、
“読者に有益な情報を提供できる” のです。

自分が苦手なジャンルだと継続できないから

最後にこちらです。
自分が苦手だと思うジャンルでは執筆を継続できません。

ブログは一部の才能あるブロガーを除いて
ほとんどの方が収益化するのに、半年から1年を要するものです。

僕も当ブログを運営して1年が経ちますが
ありとあらゆる試行錯誤をしたことで
ようやく月に10万円ほどの収益を稼ぐことができるようになりました。

こうして1年間続けてこれたのも、自分が興味のあるジャンルで執筆してきたから
例えば自分に全く興味のない女性用化粧水や乳液などの商品について
書いていたとしたら、1週間もしないうちに挫折していたと思います。(笑)

特化型ブログとしてジャンルを絞るのであれば、
「興味のある分野」「得意な分野」「好きだと思う分野」にするのがおすすめです。

「好きこそものの上手なれ」です。
他の人に何と言われようと「自分はこれが好きだ!」
思う分野やジャンルを選んでみてください。

【失敗しない】ジャンルの選び方3ステップ

特化型ブログのジャンル選定の5つのポイント

ここからは、実際に
どうやってジャンルを選んでいくのかについて
3つのステップに分けてお伝えできればと思います。

特化型ブログのジャンル選びに苦戦している方は、
是非このステップを参考にして一緒に考えてみてくださいね。

【ステップ①】自分の好きなこと・得意なことをリストアップしよう

先ほど少し触れましたが、特化型ブログのジャンルは
「自分の興味のある分野」「得意な分野」「好きだと思う分野」
にすることがおすすめです。

まず、特化型ブログのジャンル選びのステップ①として
紙やPCに、自分の好きなことや得意なことをリストアップしてみましょう。

いきなりリストアップするのも難しいと思うので、
下記のように項目やカテゴリを決めて考えてみるのがオススメです。

【項目・カテゴリ】
・仕事 / 得意なこと
・趣味 / 習い事
・興味があるもの
・住所 / 居住地
・過去やってきたこと
・現在やっていること
・未来やりたいこと

「なかなか思いつかない!」という方は、
こちらの質問に答える形で考えてみるのも良いかと思います。

・どんなことが得意ですか?
・コンプレックスは何ですか?
・趣味は何ですか?また趣味にしたいことは何ですか?
・今までで1番楽しかったのは、何をしている時でしたか?
・無我夢中になれるものは何ですか?
・今ハマっているものは?過去にハマっていたものは何ですか?
・今後やりたいことは何かありますか?
・月に1番お金をかけているものは何ですか?
・今住んでいる場所はどこですか?
・仕事は何をしていますか?

今はまだイメージが持ちづらいかもしれませんが
リストアップした項目が、ジャンル選びのタネになっていますのでご安心を。
では次のステップに移っていきましょう。

【ステップ②】Ubersuggestで検索ボリュームを把握しよう

ステップ②では、「Ubersuggest」という
ツールを使用して検索ボリュームをチェックします。
これにより、ステップ①でリストアップした項目に
ニーズがあるかどうかを確認することができます。

先程ステップ①でリストアップした項目を
Ubersuggest」でひとつひとつ検索してみましょう。

例えば、僕のブログのジャンルの1つに「プログラミング」があるので、
それで検索してみます。

(※下記画像は、規約により少しぼかしを入れています)

①「Ubersuggest」のトップページに行って「プログラミング」を記入して検索する

ubersuggestでキーワードを入力する

 

②「プログラミング」に関する情報が出てくるため「キーワード候補を全て見る」をクリックする

ubersuggestでキーワードを入力する

 

③「プログラミング」に関するキーワードが出てくるため、「ボリューム」を目視で確認する

ubersuggestでキーワードを入力する

キーワードを目視でざっくり確認して、
月間検索ボリュームが、100~1,000のキーワードが20個以上あればOKです!

このようにツールを駆使して
自分が書こうとするジャンルにニーズがあるかどうかをチェックしましょう!

【ステップ③】検索キーワードの先に悩んでいる人の顔が見えるかどうかを考えよう

これまでのステップで自分の得意なジャンルの見つけ方と
そのジャンルのニーズがどれくらいあるのかを確認する方法について
お伝えしてきました。

ステップ③では、ステップ②で出てきたキーワードを検索している
読者の顔が見えるかどうかを考えてみましょう。

例えば、今あなたが読んでいるこの記事って

特化型ブログ ジャンル
ブログ ジャンル

と検索してたどり着いたものではないでしょうか。

そしておそらく
ブログを開設して間もない状態で
数記事から数十記事の執筆が終わり
これからのブログ運営に少し迷いを感じている、というのが
現状なのではないでしょうか。

このようにある程度そのキーワードで検索している
読者の顔が想像できないと
なかなか質の高い記事を執筆していくことができません。
なぜなら読者の求めるものが見えないと
その読者にとって価値のあるコンテンツなど作れるはずがないからです。

どれだけニーズがあって、自分が得意そうなジャンルでも
そのキーワードの先に読者の顔が見えなければ
たくさんの人に読まれるブログを書いていくことはできません。
”キーワードの先に読者の顔が見えるか”という点も意識しながら
ジャンルの選定をしていってみてください。

(上記3つが全て満たせていたら)そのジャンルで書き始めよう!

これまでのステップ①~③を満たすことができたら
そのジャンルで書き始めましょう!

あとはどれだけ継続し、試行錯誤しながら
記事を執筆できるかどうかになるため
ジャンルが決まり次第、まずは5~10記事を目指して執筆していきましょう!

ジャンル選び以上に重要なこと

特化型ブログでジャンル選定以上に重要なこと

ここまでで、なんとなくジャンルの選び方は理解できたけど
実際に自分がどのジャンルで執筆していくかを
自信を持って決められないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

結論からになるのですが
その理由って自分自身がブログにて収益化をした経験がないからです。

これは何事にも言えることではあるのですが
自分自身がまだ成功体験を持っていない分野において
自信を持って方向性を決めることって、とても難しいのです。

だからこそ僕は
“ジャンル選び” 以上に “教わる人選び”
重要だと考えています。

僕も当ブログを運営して1年になりますが
最初は我流で運営を行っており
このようなステップを元にジャンルを選んでおらず
結果も全くといっていいほど出ていませんでした。

なんとなくで記事を書いており
キーワードの検索ボリュームや読者がどんな情報を求めているのかなどは
全く考えることができていませんでした。

書けども書けども結果が出なかったので
この状況をなんとか改善したいと思い
すでに大きな結果を出していた
ブロガー界隈を牽引する迫さんという方の運営している
Blog Hacks(ブログハックス)という再現性のあるブログの成功法則を教えてくれる
サービスに入会しました。

Blog Hacks(ブログハックス)では、
これまで迫さんが出してきた成果や成功するための方法を
わかりやすく教えてもらえました。
ブログを執筆し始めた初心者の僕も
手厚くサポートしてもらえ、少しずつ結果を出すことができるようになりました。

「生兵法は大ケガのもと」ということわざがあるように
独学で基礎基本を学ばずに何かをしようとすると必ず怪我をしてしまいます。
これからブログを大きくしていきたい、成果を出していきたい、と考えている人ほど
まずは人選びを重視して基礎基本を学びながら
一歩ずつ進んでいくことが成功への近道です。

【BlogHacksを参考に、初心者がブログで収益化を目指し執筆した結果】

【まとめ】ブログとは”人生の写し鏡”である

特化型ブログのまとめ

ここまで、僕の経験をもとに、
“特化型ブログのジャンルの選定方法” について
お伝えしてきました。

僕も1年ほど運営を続けてきましたが、ブログって
“自分自身を写した鏡のようなもの”だと
思っています。

自分自身の仕事の経験、
趣味・得意なこと・好きなことが
色濃く映し出され、
これまでの人生で自分が学んできたこと全て反映されます。

他の誰でもないあなたの人生が読者の方に見られ
悩み事を解決したり、勇気を与えたりできる
素晴らしい仕事だと僕は確信しています。

僕も最初はうまくいかず挫けてばかりいましたが
だんだんと前向きに捉えることができるようになりましたし
コツコツと正しい方向に努力を積み重ねられれば
きっとあなたにも素敵な未来が待っています。

自分のペースで挫けず、共にブログ運営を頑張っていきましょう。

ではでは、今日はこのあたりで。

関連記事:よく読まれている記事

BlogHacksを参考に、初心者がブログで収益化を目指し執筆した結果】

【マナブログさんの記事・動画を参考に、1ヶ月間SEOを意識してブログを書いてみた結果】