【内向型に合う趣味とは?】趣味の見つけ方と長続きさせる方法について

内向型に合う趣味 内向型

はい、どうもこんにちは、ANOくんです。

「どんな趣味だと自分に合うんだろう、、、」
「なかなか長続きする趣味が見つからない、、、」
「みんなと同じような趣味をしても楽しめない、、、」

自分にあった趣味を見つけるのって難しいですよね。
ですが趣味の充実が人生の充実度を大きく上げるのも事実。

そこで今回は
内向型人間に合う趣味の紹介
趣味を長続きさせる方法
みなさんにお届けしていこうと思います。


内向型に合う趣味とは?

趣味

結論から言います。
世の中で趣味と言われているものの多くは
内向型である”あなた”には合いません。

例えば、週末に友達を呼んでBBQを開いてドンチャン騒ぎをしたり
海や山に出かけると行ったアウトドアな活動をしたりといった
代表的な趣味などは、やれば疲れるだけでしょう。

なぜか。
それは

「内向型人間は自分の内面からエネルギーを補充する人間」

だからです。

「自分の内面からエネルギーを補充?どういうこと?」
という声が聞こえてきそうなので
分かりやすく解説していきます。

実は先ほど挙げたような活動的な趣味が合う人間は
外向型人間であることがほとんどで
外向型人間の彼らは外からの刺激を得ることでエネルギーを補充
リフレッシュすることができます。

ですが内向型人間はそもそも外からの刺激に対して弱いことがほとんどです。
なので先ほど挙げたような趣味でリフレッシュしようとすると
逆に疲れてしまうといった
本末転倒なことになりかねないのです。

つまりは内向型人間にとっては

「刺激が少なく自分の内側に矢印が向いた趣味」

でないとなかなか楽しめるものにならないのです。

また
「自分の内側に矢印が向いた趣味」
とはどのようなものを指すかというと

「ものづくり系の趣味」

を指します。

「ものづくり」というと電車や新幹線を作ったり
電子機器を作ったりというようなイメージが先行しますが
そういった大掛かりなものではなく
例えば、文章を書いてみる、料理をしてみる、ギターを弾いてみるなどの

「コンテンツを作る・アウトプットをする」

といった作業を伴う趣味が当てはまります。

ではなぜこういった趣味が内向型人間に合うのかを
この趣味の”行動プロセス”を分解して
もっとわかりやすくお伝えします。

先ほど例に挙げた
文章を書く、料理をする、ギターを弾いてみる
という趣味ですが、行動プロセスが共通しており

「頭の中に表現したいイメージがある」

「それを何かツールを使って表現する」

「自分の頭の中が整理されすっきりした気持ちになれる」

という経路をどれもが辿っています。

では逆に外交型人間に合う趣味を
内向型人間がしてみるとどうでしょう?

例えば街に繰り出してドンチャン騒ぎをすることを例に考えてみます。

「外に出ることで人混みやお店からの視覚情報、
喧騒などに刺激を受ける」

「ハイテンションな人たちと関わることで
さらに刺激を受ける」

「翌日、刺激を受けすぎて
頭の中がごちゃごちゃになっている&体調不良で
頭の整理ができない」

「最悪の気分でその日をごろ寝して終わらせてしまう」

こうなっちゃうと思います。(笑)

つまりは内向型人間にとって
”どういった状態が心地よいか”と考えると

「頭の中が整理されすっきりしている状態」

であることがわかりますよね。

そして頭の中をすっきりさせるためには
頭の中にあるものを整理して外に放出する必要があります。

なので
「自分の頭の中にあるものを形にして外に出す」
という行動フローを経る
「ものづくり系」の趣味が内向型人間には適しているのです。

先ほど挙げた例以外にも
こういった行動フローを経る趣味は沢山あります。

「やった結果、頭の中がすっきりするものってなんだろう?」
と少し意識しながら趣味を探してみると
あなたに合う趣味が見つかる可能性がグーンと上がります。
ぜひ試してみてください。

趣味を長続きさせるために大事なこと

長続きする道

ここまで内向型に合う趣味の見つけ方をお伝えしてきました。

一方で

「趣味がなかなか継続しないよ、、、」

という方も結構いるのではないのかなあと思います。

僕も内向型人間として20数年間生きてきて
様々な趣味を始めては辞め始めては辞めを繰り返してきて
内向型の趣味が続かない最も大きな理由がわかりました。

それは

「他人の目を気にしながら趣味を選んでいる」

ということです。

「周りから引きこもりだと思われたくないし、、、」
「本当は好きなんだけど
世間一般から見たらあんまり評判良くないし、、、」

こういったどうでもいいことを気にして
自分が本当は好きなことを趣味にできず
無理をして周りに合わせて
結果ヘトヘトになってしまうことって
多いのではないでしょうか?

僕も昔は

「根暗だと思われたくない」
「付き合いの悪いやつだと思われたくない」

という逃げの思考から
無理して周りの趣味に付き合ったり
本当は疲れるだけなのにワイワイと騒ぐような集まりに参加したりして
何度も後悔したことがあります。

なので「自分の大好きな趣味はこれだ!」と周りに表明したり
周りの誘いを断って自分の趣味に没頭するのをためらう
気持ちも痛いほど良く分かります。

よってここで

「たった一度の人生だから好きなことだけしろ!」
「飲みに行っても何も得られん!行くな、金と時間の無駄!」

みたいな極論を言うつもりはありません。

ただ一つだけ言えるのは

「あなたが周りに気を遣いながら楽しめない時間を過ごしている間に
あなたが心から楽しめる趣味をする時間とエネルギーは無くなっている」

ということだけです。

自分がやりたくもないことを周りに合わせて行い
そこでエネルギーがなくなって本当にやりたいことができなくなる。
これって結構さみしいことだと思います。

最後にはなりますが
趣味を長続きさせるために大事なたった1つのことって
「勇気を持って自分の心に正直に生きていく」
という点に尽きるかなと思います。

人生はトレードオフです。
どちらかしか選べないのだとしたら
自分が心から楽しめることをして過ごせる時間
最大限増やしていきたいですよね。

始めるのに遅すぎることなんてありません。
ぜひ今日からでもあなたが心から楽しめる趣味を探して
今以上にあなたの人生をエンジョイしてみてはいかがでしょうか。

では今日はこの辺りで。