【プログラミング学習の継続が難しい本当の理由】経験者が紹介します

プログラミング学習の継続 プログラミング

はい、どうもこんにちは、ANOくんです。

プログラミング始めてすぐに挫折しちゃった、、
エラーばっかりで心が折れそう、、
どうすればプログラミングって継続して学習できるんだろう、、、

今日はこんな悩みにお答えしていこうと思います。

僕も未経験からエンジニア転職をする前の学習期間、
思ったように学習が進まず、毎日わからないことだらけで
いつも心が折れそうでした。

ですがそんな中でも日々少しずつ継続し学習を進めて行ったことで
無事、未経験からWeb系エンジニアに転職でき
現在は1年半ほど開発経験を積むことができました。

今、最もホットな職業と言っても差し支えないITエンジニアですが
意外とプログラミング学習の段階で挫折している人も多いもの。

そこで今回はプログラミング学習の継続が難しい理由
実体験をもとにお伝えし、
どうすればプログラミング学習を継続していけるのか
お話しできればなと思います。

プログラミング学習の継続が難しい理由3選

プログラミング学習の継続が難しい

まずはプログラミング学習の継続が難しい理由を見ていきましょう。

理解できないことが9割だから

まずはじめにここですね。
プログラミング学習をし始めた時って
最初は「なんのことやらさっぱりわからん」という状態
しばらく続きます。

IT用語の勉強をしても聞いたこともない用語ばかり出てくるし
いざ言語学習をしても思うようにプログラムが動かないしで
時間をかけているのに進歩している感覚が掴めず
だんだんとモチベーションが下がっていくのは初期によくあることだと思います。

まずは学習内容が難解であること
プログラミング学習を継続できない一つ目の理由として考えられるでしょう。

思ったより技術習得に時間がかかることが判明するから

次にここです。
プログラミングスキルを習得するのには
そこそこの期間が必要になります。

SNSなどを見ていると「1ヶ月で案件獲得!」という
景気の良い投稿などがあり
その投稿を真に受けて「なんか楽に稼げそうだな〜」と
思う方もいるかもしれませんが、要注意。

おそらくその方は、
その1ヶ月間で休みなく毎日10時間以上学習を継続しつつ
案件獲得のための足も動かされていたとんでもない努力家だと思います。

僕自身、ようやくコードが書けるようになってきたなと思うのが
実際の現場で開発をし始めて半年目くらいです。
つまり月に160時間くらい働いているとして
160×6=960の約1000時間ほどの時間が経った後です。

「1日1時間を週5でやってたらいっか〜」くらいの考えでは
もちろん案件を取るに値するスキルは身につきませんし
学習を進める中で「これ思った以上に大変だぞ,,,」と
理想と現実のギャップを知り落ち込んでしまう、というのも
プログラミング学習が継続しない理由の1つとして考えられます。

強制される環境下に自分を置けていないから

最後にここですね。
強制できる環境下に自分を置けていないため
だんだんと自分に甘くなってしまい、継続ができなくなることも多々あるでしょう。

お恥ずかしながら僕自身、独学中はそうでして
「なんか今日は体調悪いから休みでいいや〜」と
自分に甘かった時期があるのですが
当然学習の進捗が悪く、実際に就業するまでに多くの時間を費やしてしまいました。(泣)

よっぽど精神力が強く自分を律せられる人か
極限まで追い込まれている人でないと
なかなか自分に厳しくあり続けるのは難しいですし
だからこそプログラミング学習を始めても途中で辞めてしまう人が多いのです。

このように、強制的に学習をせざるを得ない環境を用意できていないという点も
プログラミング学習の継続を妨げる大きな理由と考えられます。

プログラミング学習を継続していく方法3選

プログラミング学習を継続させる方法

ここまででプログラミング学習に挫折してしまう理由をお伝えしてきました。
ここからは、どうすればプログラミング学習を継続できるのかについて
僕の実体験をもとにお伝えしていこうと思います。

質問できる人を側におこう

まずはここですね。
学習中、わからないことが出た際に
すぐに質問ができる人を側に置いておきましょう。

これは僕の経験談になるのですが
独学中と現場での作業中の自身のスキルの伸び具合を比較すると
圧倒的に後者の方が高かったです。

理由はたった2つで

①今の自分ではできないタスクを振られているから
②わからないところをすぐに聞ける人が横にいたから

です。

人間が伸びるのは「今の自分にできないことに挑戦している時だけ」だと
僕は思っています。

なのでプログラミング独学をする期間はあってもいいと思うのですが
よっぽど自分の学習能力に自信がない限りは
プログラミングスクールに実際に入って学んだり
早めに就職をしたりして実務経験を積む方をオススメしています。

人生は有限ですので、自分にとってのメリットが最大限享受できる環境
自分の身をおきましょう。

本当にプログラミングを学びたいのか自分に問おう

次にここですね。
プログラミング学習に挫折していく人って
最初に「なんとなく始めた人」が多いなぁと思います。

なんとなく稼げそうだから、なんとなく面白そうだから、
という理由で始めた人ほど挫折している印象が強いです。

もちろんそれらの理由から始まって次第に好きになって
気づけばスキルフルなエンジニアになっているというパターンもあるため
一概に否定はできないのですが
よっぽどプログラマとしての適性がない限り
なんとなくで長期間継続できる人ってなかなかいません。

だからこそ「なぜプログラミングを学びたいのか」を明確にするようしましょう。

その理由はなんだっていいです。
お金が欲しいから、自由に働きたいから、女の子にモテたいから、などなど
なんでも良いと思います。
ですが、その理由がなく目的がはっきりしないまま放置しておくと
ほぼ確実にどこかでモチベーションが切れ、学習が継続できなくなります。

もしその理由を自分に問うて
「やっぱり違うな」となれば他のことをすれば良いのです。
時間を無駄にしないためにも、一度はプログラミング学習をする理由について
自問自答してみましょう。

目標を公言しよう

最後にこの部分ですね。
少し前述したのですが人間「強制される環境」にいないと
なかなか自分に厳しくあり続けることができません。

だからこそ、その環境を作るためにも
周りの人間に目標を公言しましょう。

「3ヶ月以内に案件を取得する!」でも
「年内に内定を取る!」でもなんでも良いです。
そして言う相手も1人以上なら何人でも良いです。

ポイントは誰かに言って、「それをしないとダサいな」という状況を作ることです。

確かにそうやって自分を追い込むのはしんどいことですし
思うように行かない時は「やっぱりいいや」と投げ出したくなることも
あるでしょう。

ですが、そのしんどさを乗り越えないとエンジニアにはなれないでしょうし
他のどの物事でも同じような結果になってしまうことでしょう。

本気でエンジニアを目指すのであれば、
多少のしんどい期間は覚悟しなくてはなりません。
ですが、その苦しい期間を乗り越えた先にはきっと自分の成長を感じられ
やる前よりも自分に自信がつくことでしょう。

継続の先に理想の自分がいる

継続した先に理想の自分がいる

今回はプログラミング学習を継続しづらい理由や
プログラミング学習を継続させる方法についてお伝えしてきました。

ここまでで少し偉そうなことを書いているのですが
僕自身、よく逃げたり自分を誤魔化したりしてきました。

お伝えした通り、プログラミング学習中も
そして、実際にエンジニアになってからも
「こんな納品スケジュール絶対無理やん、、めんどくさ、、、」とものすごく低いモチベーションで
ダラダラと仕事をしてしまったこともあります。

だからこそ、今回は自戒も含めてこの記事を書きました。

自分を追い込むのはしんどいし、できることなら
楽をしながら生きていきたいです。
だけど、少しでも自分の人生を変えたい、よりよくしたいと思うのであれば
過去怠けていたツケをちゃんと精算し
自分自身を向上させていくしかありません。

僕も過去の自分のツケを精算している真っ只中です。
なのでぜひこの記事を読んでくださったあなたも
過去の自分と少しずつ決別しながら、一緒に前に進んでいきましょう。

きっとその先には理想の自分が手を振って待っているはずだから。