【人生はネタ作り】1億総漫才師時代

人生はネタ作り ブログ

はい、どうもこんにちは、ANOくんです。

今日は僕がブログを細々と書き続けていて
「人生ってただのネタ作りだよなあ」と強く感じたので
その理由について述べていけたらと思っています。



人生はなぜネタだと断言できるのか?

断言

まずそもそもなんで人生がネタだと断言できるのかっていう
理由の部分から見ていけたらと思うのですが
人生がただのネタなのって
「ネタを披露する場が無数に用意されているから」
なんですね。
これちょっと詳しく見て行こうと思います。

「ネタ作り」というと多くの方がイメージするのって
お笑い芸人が漫才やコントを披露するときに
ウンウンと考えながら作ることではないかと思います。

で先ほど「ネタを披露する場が無数に用意されているから」って
いう発言をしたんですけどこれどういうことかっていうと
インターネットというインフラが整備されていて
どこからでも情報発信をすることができる時代になったから
ということなんですね。

これまでインターネットがなかった時代では
主な情報発信のインフラとなっていたのものって
テレビや新聞、雑誌などだったと思います。
なのでどれだけ自分が世の中に向けてネタを発信しようと考えても
発信する場がないので発信することができない、という状況に
追い込まれていたと思いますし
芸人が必死にテレビに出ようとするのも
その限られたチャンスを手に入れようとしていたからでしょう。

ですが現代ではスマホの普及率も非常に伸び
誰もがインターネットにアクセスすることのできる時代になりました。

つまり誰でもネタを作ってネタを披露するチャンスを得られる時代になったということです。
そう、誰もがネタを披露して「多くの人」にネタを届けることができるようになったのです。

僕がブログを書いていてすごく感じるのは
多くの人に響く記事って自分が深く体験したり感情が揺さぶられる経験が
元ネタになっているものだということです。
自分の生きてきた人生がそのままネタになり
それを見て喜んでくれたり前向きになってくれる人が
ネットの向こうにはいるわけで。
そういったインフラが整った時代だからこそ
誰でもネタは発信できますし
成功体験も失敗体験も全てはネタだ、と
この時代だからこそ断言できると僕は考えています。

人生をネタにするメリット

メリット

先ほどまでなぜ人生はネタ作りなのかという理由を述べてきました。
次は人生をネタにするメリットをお伝えして行こうと思います。

人生をネタにするメリットって
「自分の人生に商品としての価値を付けることができるから」
だと僕は思っています。

毎日毎日仕事をして、恋愛をして、
楽しい経験や嫌な経験もして、と
人生を生きていればいろんなことを
体験しながら過ごしていっていると思います。

ですが多くの人がそのネタを経験しただけで
自分の中、もしくは親しい友達の中だけに共有し
広い世界に向けての発進ってしていない人ばっかりです。

めっちゃもったいないです。

人生のネタが作れたのなら、そのネタを世に向けて発信して行くと
自分の人生の経験が商品と化して行きます。
例えば仕事での成功体験や失敗体験。
あなたと同じ仕事をしていてあなたと同じような希望を持ち
そしてあなたが過去経験してきたことで今悩んでいる人って
世の中には無数にいます。
そういった方々に自分の体験をもとに成功のためのコツや
失敗から何を学ぶのか、などを発信して行くことができれば
あなたの生きてきた人生が誰かの役に立ち
人の役に立つことができるようになります。

ブロガーで副業収入を立てている人とかって
基本は過去の自分の成功体験や失敗体験を記事化して
そこで読者の問題解決を図り(それがアフィ案件だったりアドだったり)
収益を得ています。

そこが一番大きなメリットかなと思います。

たくさんネタを作ろう

たくさんネタを作ろう

人生はネタ作りです。
心が痛む経験も泣くほど嬉しい経験も全ては自分の
貴重なネタであり財産です。
そんな面白いネタを一人だけのものにしておくのは非常にもったいない。
たくさんの人生のネタを作りつつ
たくさんの面白いネタを世に共有していきましょう。

では今日はこの辺りで。