【給料が低い会社を辞めた方が良い理由】そのままいると未来は絶望的

給料が低くて仕事を辞めたい 転職

はい、どうもこんにちは、ANOくんです。

「こんな給料じゃ生活していけんよ、、将来が不安だ、、、」
「残業代もつかんし安くこき使われてるよ、、嫌すぎる、、、」
「全然スキルがついている感じもしないし、どうしよう、、会社辞めたい、、、」

給料が全然もらえず毎日苦しい思いをしながら過ごす日々って
はっきり言って地獄ですよね。
実は僕も1年前まで同じような状況に苦しんでいました。

年収はたった220万円。
毎月手取りは15万円しかなく、ボーナスももちろんなし。
休日出勤当たり前、
朝から晩までヘトヘトになって働いても残業代は付かず
毎月月末の支払いの時期にはほぼ無一文になりながら
一円も貯金のできない生活を送っていました。

そこから一念発起し転職活動を進め
今は年収400万円ほど残業ほぼなしの
ホワイトな会社に勤めることができるようになり
あの地獄のような日々にピリオドを打つことができましたが
当時の僕と同じような状況で悩んでいる人は多いはず。

そこで今回は給料の低い会社から抜け出すべき理由
そこから人生を変えていく方法について
僕の実体験を元にお伝えしていけたらと思っています。

給料が低い会社は辞めた方がいい理由

給料が低い会社は辞めた方が良い理由

まずは給与が低い会社を辞めた方がいい理由について
お伝えしていこうと思います。
今この記事を読んでくださっている方々は
「なんとなく辞めたいな」くらいで
今の会社に就業されていると思いますが
実はそのモヤモヤ、ほっておくと後々大変なことになってしまいます。

実はスキルが付いていない

まずあげられるのがこの点です。

「今は給料低いけれども、仕事頑張ってるからそのうちは、、、」

こんな風に思っていつまでも今の会社から抜け出すことを
先延ばしにしている人って多いんじゃないでしょうか?

昔の僕もまさにこのタイプでしたが、
はっきり現実をお伝えしますが

給料の低い会社で働き続けても給料は低いままです

まずそもそも給料ってどう決まっているのかを
考えていきましょう。

20代の場合だと給料は

本人の能力に関係なく会社の給与テーブルに沿って決められてしまう

これが今の日本の現状です。

正直年収200万円の人も年収400万円の人も
能力値にほぼ変わりはありません。

その会社がどんな業界に属していて
どんな仕事をしていて、どのくらいの規模で、
利益をどの程度あげているのか、
これらの自分ではコントロールできない部分で
自分の給与は決められてしまいます。

だからよく給料が低い人の間違った考え方で
「今の給料くらいしか自分は稼げないよ、、、」
という方がいますがこれは認識が間違っています。

あなたの給料を決めているのは
あなたの才能でも、あなたの能力でも
あなたの人柄でも、あなたの性格でもなく
所属する会社の給与テーブルによります。

だから今あなたの給料が低いのは
あなたが劣っているからでも、仕事ができないからでもなく
「会社の規定でそう決まっているから」
ただそれだけなのです。

冒頭のタイトルでスキルが実はつかない、と述べましたが
これってどういうことかっていうと

給料の低い会社で役にたつスキルって給料の低い会社でしか役に立たない

ということです。

例えば2つ業界を例に出して考えてみましょう。
1つ目はIT企業。今や平均年収が全業界の中でトップにある業界ですが
ここでプログラマーとして活躍していければ
これからどんどんと給与は上げていけるでしょうし、
色々な会社から引っ張りだこの人間となれるでしょう。

ですが一方でブライダルに勤めている方。
業界的にそもそも利益率が高くない業界ですし
今の日本の情勢を見ていたら結婚式にお金をかけられる人の数や
そもそもの結婚する人の数が年々減ってきているのは明らかなこと。
つまりはあなたがブライダル業界で
どれだけ素晴らしい接客ができるようになったり
どれだけ素敵な企画を作れるようになったとしても
業界自体が縮小して行っているのだから
あなたが今以上にお金を稼げるようになる可能性は薄い、ということです。

そう、どちらが優秀でどちらが劣っているとかという話ではなく
「どこで」「何をしているか」この2点だけで給与額というのは決まります
これが資本主義の世の中というものなのです。

だからこそ「儲かっていない業界」でどれだけ仕事を頑張ろうとも
将来的に儲かるようにはならない、
そう言った意味でスキルが実は上がっていない、ということなのです。

負け癖がついてしまう

次に良くないのがこの点、負け癖や僻み根性が身に染み込んでしまうということです。
あなたは日常生活でこんなことはないでしょうか?

・たまに自分より給料が高い友達に会ってしまうと、
「あいつは運が良かっただけだ」と僻んで見てしまう

・仕事がなかなかうまくいかず、それを業界のせい、会社のせいにして
解決しようとしない

・「どうせ自分はこんなもん」と今の現状を変えることを諦めてしまい、
ネガティブな思考になっている

これらのうち1つでも当てはまっていたら要注意です。

先ほども述べましたが給料が低い会社というのは
儲かっていない業界に属している可能性が高いです。
そして儲かっていない業界に属している会社は
なかなか日々の仕事でも結果を出すことが難しいです。

例えば成長真っ只中にあるIT業界ですと
ただその業界の会社にいるだけで
そこまで自分が努力をしなくても結果を出すことはできるでしょう。
なぜなら需要と供給の関係で需要の方が圧倒的に多いから。

ですが斜陽産業であるブライダルの業界ですと
自分が必死に毎日120%の力で仕事に望んでも
思うように結果が出ないことが日常茶飯事でしょうし
常にフルパワーで走り続けていないとどんどん悪い方向へと向かって行くのが
斜陽産業に属す会社の特徴と言えるでしょう。

そう、つまりはその業界が成長しているのか、衰退しているのかで
自分が結果を出せるのか出せないのかは大体決まってしまうんです。
そして結果の出しづらい斜陽産業に会社にいると
だんだんと「結果が出なくて当たり前」という考え方になっていきます。(昔僕もそうでした)

これは本当に避けた方がいい。
この考えになると本当に自発的に自分を豊かにして行くことができなくなるから。

この考え方が根付いてしまうと本当に自分で状況を変えて行くことができなくなり
就職する前に「ああはなりたくないな」と思っていた仕事のできないダサいおっさんが
あなたの将来像になってしまいます。

最悪の場合、心を病んでしまう

最後にこの点が一番注意しなくてはならない点です。

給料が低いということは、そのことで苦しんでいる人も
その会社に多く集まっているということ。
つまりは生活にストレスを抱えている人が集っているのが
給料の低い会社の特徴です。

あなたの周りにこんな人はいませんか?

・とにかく怒るばかりで全く仕事のできない無能な上司
・陰湿な嫌味をネチネチと言ってくるヒステリックな女性社員
・会社にいるときは顔色が絶望的で今にも病みそうな同僚

などなど給料の低い会社にはこういう人が集まりやすいですし
またそういった負のオーラを放つ会社にいるのが今のあなたなのです。

人の心なんて簡単に病みます。
生活が苦しいということは十分な食事や休息、リフレッシュの時間が
取れないこととほぼ同義でありますし、
先行きの見えない不安はどんどんと精神を蝕みます。
今は大丈夫でも、ひょんなことをきっかけにあなたの精神は
音を立てるように崩れ去って行く可能性も十分にあるのです。

だから早く逃げよう。
病んでから再起するのはマジで本当に大変です。
再起できずに消えて行く人を僕は何人も見てきました。
自殺していった人も見てきました。
精神の健康以上に大事なものなんてこの世にありません。
さっさと逃げて自分のことは自分で守りましょう。

給料が低い会社から抜け出す3つのステップ

給料が低い会社から抜け出す方法

ここまで給料が低い会社を早く辞めるべき理由について
自分の実体験をもとにお伝えさせてもらいました。
ここからはそんな会社からどうやって抜け出して
自分の望む待遇の会社に移っていけば良いのかをお伝えさせて頂きます。

退職届けをポケットに入れよう

最初はこれがオススメで、僕もこれをしました。
退職届けを胸ポケットに毎日入れて会社に行きましょう。

退職届けを常備していることって
予想以上に精神的な効果があります。
それは

自分はいつでもこの会社を辞めてやるぞ

という準備ができた状態で仕事に臨めるからです。

いきなり上司に退職届けを出す、というのは
相当に勇気がいることでなかなか難しいかと思いますが
自分で退職届けを持っておくことは誰にでもできるはず。

まずはファーストステップとして
10分くらいで退職届けなんて作れるので
今日のうちに作成して胸ポケットに忍ばせておきましょう。
それだけで精神的な負担が驚くほどに減ります。
騙されたと思ってやってみて下さい。

転職エージェントに登録しよう

次に転職エージェントに登録しましょう。
で、ここで勘違いして欲しくないのが

「私まだ転職しようと決めたわけじゃないし、、、」
「転職するとしてもどんな会社にしようかまだ決まってないし、、、」

という方が多いと思うのですが
ここで大事なのって「転職するために自分は一歩踏み出した」という事実なのです。

これまでにもおそらくあなたは
「会社を辞めようかな」とか
「転職してみようかな」と思っていたでしょう。

ですが実際に行動を起こして
退職届けを常備していたり転職エージェントに登録したりすることは
なかったと思います。

これって脳科学的にはあまり良くないことで
どういうことかというと
「自分が欲しがっている状況に行くために自分が行動することができていない状態」
つまりは自分をコントロールすることができていない状態であるからです。

本当は今の状況から抜け出したいのになかなか今の状況を変えることができていない、
こんな状態が続くと無意識のうちに
「自分は勇気がない人間なんだ」とか
「自分の力で人生をよりよくして行くことができない人間なんだ」とかと
自分に対しての自己効力感がどんどんと失われていきますし、
これが完全になくなった時というのが心を病んでしまう時なのです。

転職エージェントに登録するのは無料です。
そして登録した後に転職するかどうかを決めるのもあなたの自由です。

だからここで自分への自信を取り戻しましょう。
退職届けを胸にしまい、転職エージェントに登録した、
これこそ今の状況を変えようとする価値ある一歩です。
そしてそこから話だけでも聞いてみようと面談に行くことができれば
あなたの自信はさらに回復していくでしょう。

なんでここまで書くかというと
今まで書いたステップって
まさに僕が転職活動前にしてきたことだからなんです。

220万円ってめちゃくちゃに安い給料しかもらえていなかった僕も
このステップを踏むことで400万ほどのようやく人並みの給与を
もらうことができるようになったのです。

実際僕もこの文章に書いている同じ話を
日常で結構多くの人にしてきました。

その中で退職届けを実際に用意したのが10人に1人くらい。
で実際に転職エージェントにとりあえず登録するだけっていう簡単な行動をしたのも
10人に1人くらい。
つまりはどちらもセットでやってる人って
100人に1人くらいでした。

で時間が経ってそれらの行動を起こさなかった人って
まあ今も苦しい状況なんですよ。
給料は低いままですし、毎日文句を言いながら仕事してます。
中には精神を病んで鬱になった人もいます。

が、一方で行動に移したその1人はどうなったか。
僕の200万プラスくらい稼げる大手のIT企業で働いてます。

世の中ってそんなもんだと思います。
全ては勇気のある行動次第。
どっちの人生を歩みたいかはあなたの判断でどうぞ。

勇気を出して退職しよう

そして最後、ここまでステップを踏めたら
あとは上司の元に退職届を出すだけでしょう。

先ほども述べましたが
このステップを踏める人はこの記事を読んでくれた方の
100人に1人くらいだと思います。
そうなられた方はぜひご連絡ください。
そういった方が1人でもいれば僕もこの記事を書いた意味がありますから。

正直いってこれと似たような記事って
世の中にたくさんあると思います。

やれ、転職した方がいいだの、
自分の市場価値を上げて行こうだのと、
探せばいくらでもありますし、
行動を起こさない人の特徴って
そういった記事をいつまでもいつまでも漁り続けて
情報だけは仕入れて自分の失敗の可能性をなくそうとする人だと思います。

そういった人は大きな失敗はない代わりに
ずーーーーーっと苦しい思いをしながら人生を過ごしていく人だと僕は思います。

アリババの創業者であるジャックマーもこういってますよね。

「成功しない人は口先は大学教授並み、だけど行動は盲人以下」と。

さあ、あなたはどんな人生を歩みますか。