【ニートは誰に相談すればいい?】ニートから就職する方法を紹介

ニートの悩み ニート

はい、どうもこんにちは、ANOくんです。
今日はニートが就職しようとするときに
「誰に相談すればいいの?」というお悩み解決をしていけたらと
思っています。

社会復帰をしようとするときにどうしても迷いや悩みは
つきものだと思いますし
誰に相談してどのような手順で再就職を果たせばいいのか
わからなくなって当然だと思います。

そこで今回は僕が実際にニート期に相談した窓口の紹介や
その中でどのようなことに注意して就職活動をすればうまくいくのかを
実体験をもとにお届けしていこうと思います。
それではどうぞ。


ニートの就職実情

ニートの実情

よくニートやフリータの界隈で言われる言葉で
「29歳の壁」「34歳の壁」というものがあります。

これら2つを大まかに言えば

この年齢を超えると正社員としての雇用の可能性が極めて低くなる

といった意味合いの言葉です。

2つをそれぞれ少し詳しく見ていきます。

まず1つ目の「29歳の壁」
なぜ29歳を超えると採用される可能性が難しくなるかというと
「30歳からはある程度の専門知識や経験を持って会社に貢献してほしい」
と考える企業が非常に多くなるからです。

会社からすると20代のうちはそこまで戦力になるとは考えられていません。
コツコツと下積みから始め、少しずつ経験を増やし知識を蓄え
30くらいでしっかり活躍できるようになってほしいと考える企業が多いです。

だから新卒採用のシステムが出来上がったわけですし
20代のうちは「ポテンシャル」で採用されるケースが多くあるわけなのです。

「29歳の壁」というのは「ポテンシャルだけでなく実績も見られ出す分水嶺」
考えられます。

2つ目の「34歳の壁」こちらは
「本当に実績やスキルで判断され始める歳」と考えられ
ニートだけでなく普通にこれまで働いていた人でも
しっかりと業界経験をし実績を積んでいないと転職が難しくなる
言われる年齢です。

なぜならば大卒から働き始めたと考えても10数年が経っており
そろそろポテンシャル云々ではなく
その人の持つ力がどのくらいのものなのかが目に見えてわかる歳であり
転職した際にすぐに給与分以上の活躍をしてくれないと
会社としても採用しようと思えない年齢だからです。

少し厳しいことをお伝えしましたが
ニートの就職事情は年齢が上がれば上がるほど難しいものになるのが現実です。

また令和元年を迎え、平成以上に日本は衰退していくでしょうし
オリンピック以降は就職氷河期が再度訪れるのではないかと言われています。

年齢が上がり時代が流れれば流れるほど
今以上に厳しい状況になりそうだということ
頭に入れておいて損はないかなと思います。

ニートが就職する際によくある悩みと解決策

悩みと解決策

次にニートが就職活動を行おうとする際に
よくある悩み、というか
僕が実際にとても悩んだことを2つあげて
それぞれ行ってきた解決策をお伝えしていこうかなと思います。

誰に相談すればいいのかわからん

まずはここですよね。ここが一番大きい。

ニートになると社会的なつながりが希薄になりますし
なんだか友達に現状を伝えるのも億劫になってしまうもの。

「就職したいという目標はありながらも
そこに至るまでの道筋は自分ではわからない」という
どん詰まりの状況になり
時間が経てば経つほど相談しづらい状況は加速し
どんどんとニート脱却が難しくなっていく。
こんな状況の方って多いんじゃないかなと思います。

解決策:プロに頼ろう

自分で解決できない問題は民間のプロに頼るのが良いです。
実際に僕もプロに頼りながら就職活動を進めていきました。

ニートが就職しようとして苦しいのって
「相談する相手がいないこと」ではなく
本質的には「就職までの道のりが見えないこと」だと僕は思います。
だってここが見えていたら別に誰にも相談せずとも就職はできるわけですから。

この「就職までの道のり」を知るために
民間のプロの手を借りるのが良いかなと僕は思います。

実際にこのプロの手を借りる件については
こちらに詳しく書いていますので
よければ参考にして見てください。

【実はカンタン、ニート脱出】ゆる〜く就職したぼくの体験談を紹介

就職する自信が持てない

次にここが考えられるかなと思います。

仮にプロの手を借りて道のりが分かったとして
「その道を完走できる自信がない」
ここも大きな悩みの一つかなと。

実際に僕も最初は自信はありませんでした。
空白期間の説明を考えるのにすごく頭を悩ませましたし
面接に行く前は毎回不安で夜眠れない、という
現状が続きました。

ですがなぜ最後内定を獲得するところまで走りきることができたのか。

解決策:結果ではなく行動を重視しよう

ここに尽きると思います。

冒頭でも述べましたが
今ニートから就職をするのは結構難しかったりします。
なので応募を出しても合格しなかったり
面接であっさり落とされてしまったりと
うまくいかないことが数多くあると思います。

そこで結果ばかりを見ていたら
「俺ぜんぜんだめやん、、、」
とせっかく前向きに頑張ろうとしているのに
挫けてしまう可能性が高いです。

だからこそ行動に重点を置いて自分を見ていきましょう。

「落ちたけど1件応募を出したぞ!」とか
「うまく喋れなかったけど面接の場には行けたぞ!」とか
小さな成功体験をちゃんと見てあげて
自分の頑張りを丸ごと受け入れましょう。

確かに結果は出ていないかもしれませんが
それまで何も就職活動をしていなかった前の自分と比べると
明らかに今の状態の方が行動をしていますし
前に進んでいると思います。

そうしながら1歩ずつでも前に進み続ければ
きっといつか就職を果たすことができます。

結果ではなく行動を。
その日1日頑張った自分を思いっきり褒めるところから
スタートして徐々にペースを
作って行くのが良いかなと思います。

おわりに

これからの未来は明るい

今これからの道のりが見えずに大きな不安を抱えている方
就職活動がうまくいかず自信を失っている方

とても大変な状況かと思いますし
僕自身、数ヶ月前までは今この記事を読んでくれているあなたと
全く同じような状況だったため
苦しさは身に染みて理解しています。

確かに先の見えない不安や自己肯定感の低い時期は
辛くて苦しいものですが
そこを乗り越えた先にはきっと
今より自分に自信が持てて明るく暮らせる日々が待っているはずです。

無理はせず自分のペースで良いので
一歩一歩前へ進んでいきましょう。

ではでは今日はこの辺りで。