【ニートにおすすめのアルバイトとは】コミュニケーションが苦手でも大丈夫な仕事を紹介

アルバイト ニート

はい、どうもこんにちは、ANOくんです。

今日は脱ニートする際にオススメの
アルバイトについてお伝えしていきます。
「そろそろ社会復帰したいけどどんなバイトが自分に向いているかわからない」
「きつくなくて長続きしそうなアルバイトを知りたい」
こんな疑問に実際の経験をもとにお答えしていこうと思います。

またこの記事で紹介する内容は
「人と関わるのが苦手」という方が見られている前提で話を進めていきます。
なぜならば、ニートの方はコミュニケーション苦手な方が多いと思うし、実際僕もそうだからです。そういった方向けの記事になっておりますのでご了承ください。
それではどうぞ。


脱ニートする際にオススメのアルバイト5選

5つ

エンジニア

まずこれがイチオシです。

【実はカンタン、ニート脱出】ゆる〜く就職したぼくの体験談を紹介

僕自身、未経験からITエンジニア職として
再び働き始めることができたのですが、
まず何より一番良いのが「待遇面」

有効求人倍率、12月は1.63倍 18年平均は1.61倍
(引用:日本経済新聞より)

現在の日本では有効求人倍率が2倍近くあり
超売り手市場になっていますが
エンジニア職は有効求人倍率が8倍近くあります。

つまり需要に供給が追いついていない状況なんです。
で、なんで待遇が良いかというと
仕事はめちゃめちゃあるのに
それを担う人材がいない、という状況なので
ちょっと考えたらすぐにわかるんですが
高いお金払ってでもその仕事について欲しいんですね。
だから好待遇が期待できます。

そして待遇と同じくらい良いことが
「ほとんど人とコミュニケーションを取らなくて良いこと」
この点も挙げられます。

僕も4月からエンジニアになり仕事に従事していますが
マジでコミュニケーションを取る頻度が少ない。
1日中、パソコンと向き合い
自分の仕事を淡々とこなして行くのが日常です。

確かに最初はどんどん勉強して行く必要があり
仕事をしていてもわからないことだらけですが
ただ自分の目の前の仕事に没頭していれば良いだけなので
人間関係でのストレスはほぼ皆無に近いです。

これらの理由から
エンジニアという職はかなりオススメです。

ライター

こちらも少しエンジニアと似た理由になるのですが
「1人で黙々と執筆を続けていれば良い仕事」だからです。

皆さんご存知かもしれませんが
クラウドワークスやランサーズといった
クラウドソーシングサービスがかなり大規模になり
多くの人が在宅でフリーランスとして活躍する
ようになりました。

このご時世、必ず出社してサービス残業をして
ヘトヘトになって土日は寝て過ごす、っていう生き方は
ちょっとイケてないかなと思うので、
自分のペースで場所を選ばず自由度を持って
スキルを伸ばし続けられる仕事に就くというのは
とてもセンスの良い職選びの仕方かなと思います。

文章を書くのが好きだったり、
いろんなものに興味があって好奇心旺盛な方には
非常に適した職かなと思います。

治験

僕は大学生の時に何回か治験のバイトをしたことがあります。
そして正直にいうと
「すげえ暇だけど楽」でした。(笑)

高収入の治験バイトの給料とボランティア報酬

こちらの記事にも紹介されていますが
どこかの施設のようなところに集められて
何かの新薬みたいなものを1日に何回か飲んで
あとの時間は施設内にいて
お酒を飲んだりめちゃ激しいスポーツをしなければ
だいたい何をしても自由、というようなものでした。

そして気になる給与も結構良くて
日当で1万円〜2万円ほど貰えたりします。
(僕の時は確か1万3〜5千円くらいでした。地域柄にも寄ると思います。)

働いていなくてもどうしてもお金は必要になってしまうもの。
なのでこういった高単価のアルバイトをしてみても良い人生経験になるかと思います。

工場内作業

これも実際に大学生の時にしていました。
このバイトは「楽だけど給与は安い」という
メリットデメリットがはっきりしたものでした。

僕の場合、工場内でスーパーやショッピングモールに
お菓子などの食料品を並び替えて発送するという仕事を
していたのですが、マジで楽でした。
最初は手順や送り先を覚える必要があるので
少し頭を使いましたが、それさえ覚えてしまえば
あとは流れ作業。
言い方は悪いですが誰にでも簡単にできる仕事でした。
そして給与も確か時給800円くらいでそんなに高くなく
そこまでたくさんのお金をもらうことはできませんでした。

ただこの仕事もほとんど周りの人とコミュニケーションを
取る必要はないので
給与面が気にならないのであればこちらも良いかと思います。

セルフバック

これは厳密にいうとアルバイトではないのですが(笑)
僕自身、お金がなくて困っていた時によくしていたので
ここでご紹介しようと思います。

「そもそもセルフバックってなんやねん」
と思われる方もいると思いますので
まず最初にセルフバックの説明からします。

セルフバックとは簡単に言うと
「アフィリエイト商品を自分で買うこと」です。

アフィリエイトって基本的に自分のサイトなりブログなりに
商品紹介のURLを載せてそこから注文が入ったら
商品代金の何%かがもらえる、といったものですよね。

つまりは購入者が出ることで収益が発生するものです。
セルフバックは購入者が自分であり、なおかつ
広告を載せているサイトやブログの運営社も自分であるため
購入者である自分が何か商品なりサービスなりを契約した時に
自分に収益が発生する、そういったものです。

「でも商品買うってことはお金払わないといけないの?」
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、安心してください。
セルフバックの中には自分がお金を払わなくても収益が発生するものがあります。
それは資料請求だったり新規入会、カード作成などです。
そういった無料で申し込みができてなおかつ
手数料として自分に収益が発生するのがセルフバックになります。

中には1つカードを発行するだけで3千円や4千円もらえたりするような
お得な案件もありますので
興味のある方はぜひこちらのページなどから申し込んで見てください。



おわりに

まとめ

ここまでに脱ニートする際にオススメのアルバイトを
5つ紹介させていただきました。
ニートから社会復帰をする際はとても怖いものですし
自分自身つい最近その経験をしているので
尻込んでしまう気持ちはよくわかっているつもりです。

ですが今の自分の現状に少しでも不満があるのであれば
ただ求人を調べてみるだけでも、ニュースを見てみるだけでも
いいので一日一歩ずつ前進していきましょう。
僕もそうして社会復帰を果たせました。

苦しいことも多いでしょうがみなさんに
今よりもより充実した日々が迎えられることを祈っています!

それでは今日はこの辺りで。