【ニートにかかる生活費は?】かかるもの全部まとめました

ニートの生活費 ニート

はい、どうもこんにちは、ANOくんです。

「ニートになるとどのくらいお金がかかるんだろう、、、」

今の仕事が辛くて「ちょっと休憩期間が欲しいな」と思っても
いきなり無収入のニートになるのって怖いですよね。

そこで今回は元ニートの僕が
ニート生活にかかる費用を全てまとめ
実際にニート生活にかかる費用の算出方法をお伝えし
ニート生活で出費を抑える裏ワザもご紹介していこうと思います。


ニートの生活費一覧

ニートの生活費一覧

ではでは早速ですが
ニートが生活をしていく時にかかる費用
項目別にお伝えしていこうと思います。

普通の生活費

食費

まあ、代表的なところですが、ここはもちろんかかります。
人間ご飯食べないと死んじゃうんでね。
これニートになって節約する人も多いんですが
それでも月に2万円はかかります。
普通に生活していると3-4万円くらいはかかってくるでしょう。

携帯代

携帯代もバカになりませんね。
僕は格安スマホを使っているので
月に5000円くらいで済んでいますが
普通に大手3社のどれかと普通に契約をしていたら
1ヶ月に1万円前後はかかってしまうでしょう。
ニート生活をするのであれば
ここは格安スマホに切り替えた方が良さげですね。

家賃

地味に痛いのがここ。
家賃ももちろん無収入の状態になっても
発生してしまいます。
実家暮らしでない限り
ここも月に3-5万円くらいは飛んでいくでしょう。

水道光熱費

ここも会社員時代と同様にかかります。
季節によりますが
春秋だと合計で6-7000円、
夏冬だと合計で1万円くらい
出費は覚悟しておいた方が良いかと思います。

衣類・美容

ここは男性だとそこまで負担にはなりませんが
女性だと結構バカにならない額
かかってしまうのではないでしょうか。
日々の化粧代、月々購入する衣類代など
節約をしても月に1-2万円くらいは
出ていってしまう項目かと思います。

嗜好品代

お酒やタバコなどですね。
毎日お酒を飲む人なら1ヶ月で7-8000円
一日一箱タバコを吸う人なら1ヶ月で1万5千円前後かかります。

これ豆知識なんですが
ニートになって収入が途絶えることを機に
断酒や禁煙をしようとする人が多いのですが
例外なく皆挫折してしまいます。(笑)
理由は簡単で
「すげえ暇だからこそついつい手が伸びやすいものだから」
です。
無理な断酒・禁煙は控えましょう。

交通費

ガソリン代や電車賃ですね。
全ての買い物をアマゾンで済ませている方なら
話は別ですが
多くの方はスーパーやコンビニなどで
食料品や生活必需品を購入されていると思いますので
買い物に行く際に交通費がかかってしまいます。
これも月に数千円くらいは見ておいた方が良いのではないかと思います。

娯楽費

ここは一番削ろうとするところでしょうが、
どうしてもかかってしまいます。
ニートになったからといって
人はすぐにすぐ自分の習慣を変えることはできません。
これまで週に1回飲みにいっていた人は
ニートになってからも週に1回は飲みに行くでしょうし、
今かかっている娯楽費が少し減るくらいの金額
月々かかっていくと考えておいた方が良いでしょう。

保険・年金

生命保険・損害保険

保険などを契約していればの話ですが
ここも当然かかってきます。
20代の方だとそこまで大きな負担額はないでしょうが、
生保に加入されている方などは
月に5000-1万円ほどは変わらず
出費が続いていきます。

健康保険料

ここが1つ会社員時代と大きな違いでして
会社から雇用されているときは
会社が代わりに支払ってくれ
その額が給与から天引きされていたため
あまり払っている実感がなかったかもしれませんが
無職になると「自分で保険料を支払う必要」が出てきます。

20代の方を想定すると大体ですが
月に1-3万円ほどは出費として
出て行くことになります。

http://www.kokuho-keisan.com

こちらのページから
無職になってから自分にかかる
大体の国民健康保険料金を計算することができるので
興味のある方は試して見てください。

年金

先ほどの国民健康保険と同じですが
こちらも自己負担で支払う必要が出てきます。
20代の方だと月に1万円中盤くらいは見ておいた方が良いかと。

https://www.npfa.or.jp/check/simulator.html

年金もこちらのページから
支払額のシュミレーションができますので
ご興味ある方はどうぞ。

就職活動費用

これから少し休憩期間を設けようと考えている方も
「また働くことが前提」のニート生活
検討していることが多いのではないのかなあと思います。
実際に無職から再度就職活動を行う際にかかる費用をこれからご紹介します。

スーツ代

就職活動をする際に一番費用がかかるのがここです。

スーツの上下を揃え
シャツやネクタイを何枚か買い
革靴やパンプスもついでに…
といった形で
就職活動の際に必要なものを揃えようとすると
大体5万円ほどは必要になります。
一時的な出費とは言え
無収入の時には少し厳しかったりするのでお気をつけ下さい。

交通費

面接に行く際にかかってきます。
電車やバス、ガソリン代など
1回にかかる費用は数百円から高くても1000円ちょっとでしょうが
積み重なるとバカにならないのが交通費です。

カフェ代

これも面接前の待ち時間であったり
就職活動の準備をする際に
集中して準備に取り組むために
カフェを利用するケースが多いため
日々、数百円ずつ地味にかかってきます。

雑費

ここは履歴書代や証明写真代のことです。
そこまで金額がかかるものではありませんが
複数社、面接を受けると考えると
1-2000円くらいは見ておいた方が良いでしょう。

急な出費

最後に「予期せぬ急な出費」について
見ていけたらと思います。

結婚式

20代の方だと結構起こりうるのが結婚式です。
ここも結構バカにならない額でして
祝儀で3万円、2次会費用で1万円、交通費で数千円、
女性であれば当日の衣装代やメイク代で数万円、
とまあ結構な数の諭吉がぶっ飛んで行く
イベントなのであります。(笑)

それでこういうイベントってなぜか
「お金のない時に限って発生します」

皆さんも身に覚えがあると思いますが
ニートになった時に限って
結婚式は頻発するものだと思っていてください。
(実際に僕もニート期間半年中に結婚式3回ありました。(笑))

病気になった時

これも結構かかるものです。
一度熱が出て風邪をひいてしまったら
病院代金で数千円、栄養のあるものを食べて1-2000円、
と一度病気になると
樋口一葉さんが飛んでいくと考えておくと
良いかと思います。

ニート期間に必要なお金の算出方法

ニートの生活費算出方法

ではではニート生活期間に必要なお金の算出方法を見ていきましょう。

これって簡単で

「これまで書いてきた出費項目×月数」

「急な出費一覧の合計額」

を足せばすればすぐに算出できるんですね。

大体の目安なんですが
ニート生活に基本的にかかってくるお金って
月に10万円くらいかなと思います。
そこにちょっと遊びすぎちゃったり急な出費が
出てきたりすると数万円プラスで
出ていっちゃうくらいかなと思います。

なのでこれからニート生活をしようかなと
思っているのであれば

「10万円×ニート生活をしようと思う月数(+急な出費への備え)」

を想定しておくと
そこまで大ケガなくニート生活を送って行くことができるのでは
ないかと思います。

ニートが出費を抑えるには

ニートが出費を抑えるには

「月10万かあ、、けっこうかかるなあ、、、」

無収入の状態で月に10万円ずつ出て行くって
やっぱりけっこうしんどかったりしますよね。
そこでこの章では
「ニート期間の出費を抑える裏ワザ」を紹介していけたらと
思います。

実家で暮らす

まずここが一番有効かなと思います。
実家で暮らせるようになれば
「家賃」「食費」「水道光熱費」が
基本的には無料になるでしょう。

月々の出費額が5-10万円ほどは減額され、
ほとんどお金を使うことなく
生活をして行くことができるようになります。

親御さんとの関係性にもよりますが
どうしてもお金がないという場合には
選択肢にあげても良いところかなと思います。

失業保険をもらいに行く

ここも有効な対策かと。
退職後に会社から離職票をもらい
ハローワークへ行って申請の手続きをすることで
失業保険金を受給することができます。

例えば20代で月に20万円お給与をもらっていたと想定すると
大体一日5000円ほどは失業保険金として受給することができます。
なので実家暮らし&失業保険金を給付できていれば
そこまで贅沢をしない限りは普通に生活を送ることができると思います。

ただここで注意なのが失業保険金は

「会社で働いている期間が短すぎるともらえない可能性が高いこと」
「給付期間にも上限があるため永遠にもらえるわけではないこと」

という特性があります。
1つ目の期間に関しては最低でも会社に1年以上は雇用されていた必要があり
そこを下回ってしまうと給付がもらえる可能性が少なくなります。
そして2つ目の給付の期間ですがこちらは20代の場合ですと
3ヶ月から半年くらいと考えると良いかと思います。

一時的には非常に便利な社会のセーフティネットですが
継続的に長期間使えるわけではないので注意して使用してみてください。

年金を減額してもらう

最後ですが年金額の減額も
出費を減らす有効な手段の1つかなと思います。
こちらもある程度条件は加味されるのですが
市役所に行って手続きをすれば
一定期間の支払い免除や支払い期間の先延ばしをすることができます。
ただその期間払えなかった年金はもちろん
将来自分に返ってこない分になりますのでご注意ください。

ニートに向く人・向かない人

ニートに向く人向かない人

ここまでニート生活にかかる費用を
網羅的にみなさんにご紹介してきました。
最後はおまけになりますが
「ニートに向く人・向かない人」をお伝えできればと思っています。

この件に関しては

【仕事が嫌ならニート生活を!】元ニートがニート生活の酸いも甘いも教えちゃうよ〜

こちらの記事を参考にしていただきながら
自分がニートをするのに向いているのかいないのか
ご判断いただけたらなと思っています。

20代は大いに人生に迷う時期だと思います。
ですがどんな選択もあなたが納得して行ったものであれば
後悔のない生活が送れて行くのではないかなと僕は思っています。
ぜひゆっくりとニート生活も検討されながら
日々を送っていってくださいね。

ではでは今日はこの辺りで。