【プログラマーの適性って?】プログラマーに向く人・向かない人を紹介します

エンジニアへの適性 プログラミング

はい、どうもこんにちは、ANOくんです。

「自分ってプログラマーに向いているんだろうか?」
「もし適性がありそうなら、プログラマーになってみたいなあ、、、」

昨今、一番注目されているといっても過言ではない職業として
プログラマーが取り沙汰されてきましたね。
興味はある一方で、これまで全く触れてきたことがないという人が大半で
「自分にもできるのかな、、」と不安になる人も多いのではと思います。

そこで今回はそれらの疑問に
文系卒、実務未経験からプログラマーになり
数ヶ月でバックエンドのシステム開発を任されるようになった
僕の体験談を元にお答えして行こうと思います。

プログラマーに向いている人

どんな人がエンジニアに適性があるか

まずは僕が現場で色々なプログラマーを見てきた経験から
どんな人がプログラマーに向いているか
お伝えして行こうと思います。

自分で仮説を立てられ、自分で検証を進められる人

まずはここが考えられます。
この点はプログラマーにとって一番必要とされる能力なのですが
基本的に自分で考えて自分で行動できる人は
非常にプログラマーに向いていると思います。

というのもシステムを開発するというプログラマーの仕事は
答えがあってないような仕事だからです。

例えばコンビニのバイトなどは
店長から言われたことを言われたままにすればある程度仕事にはなるでしょう。
言われたように接客をして
言われたように商品の補充や発注をして
言われたように掃除をしていれば仕事は完了します。

ですがプログラマーの場合、そうはいきません。
仕事が降ってきたときにタスクをどう割るかも
システムをどう組むかもどんな優先順位で動いていけば良いかも
基本的には自分で考えて自分で行動し
納期までに成果物をきっちり完成させることが必要とされます。

なので自分で仮説を立てて「こうじゃないかな」という試行錯誤を繰り返すことができる人には
ぴったりの仕事だと思いますし、自分でPDCAを回し続けていけることで
どんどんとスキルアップの図れる仕事であると僕は思います。

コツコツと勉強をし続けることができる人

次にこの点が考えられます。
コツコツ勉強していける人はプログラマーに向いています。

というのも基本的に案件が降ってきた時って
”わからないことだらけ”の状態からスタートするからです。

そもそもどの言語で開発していくのか
この案件はどんな仕様で開発を進めていくのか
などと案件ごとによって求められるものは違います。

そして意味不明なことばかりの中でもなんとか成果物をこしらえて
納期までに開発を完了する必要があるのがプログラマーですし
それがずっと繰り返されていく仕事でもあるわけなのです。

なのである程度、基礎基本が身につけばもうそこからは何も勉強をしなくても
仕事が務まるといった職種ではなく
勉強をし続け、どんどんと自分のスキルを磨き続けていける人こそ
より難易度の高く、そしてより単価の高い仕事を獲得していくことができますので
継続して学習できる人にプログラマーという仕事は向いていると思います。

ある程度コミュニケーションを取ることができる人

最後にこの点も非常に重要になります。
昨今、プログラマー需要が増し未経験からプログラマーを志望したり
実際になっていたりする人が増えてきました。

ですが一方で1年ほど働いてみた実感から
コミュ力が全然なくても生き残れる人って
技術力が異常に高いケースのみでして
コミュ力のない人はどんどんと苦しい状況に置かれていく印象があります。

世間ではプログラマー職に「誰とも関わらず一人で黙々と作業に取り組める仕事」という
印象がついているように感じますが
これができるのは本当に簡易なワードプレスの案件を個人で受託し
開発に関わる関係者が自分とクライアントの2人とかしかいないケースくらいで、
民間企業にプログラマーとして入社したならば
案件単価は安くても百数十万円からでしょうし
開発チームにアサインされるため基本的に毎日誰かとコミュニケーションを取らなくては
ならないのが現状です。

なので逆に言えばコミュ力がある程度ある人なのであれば
技術力は入社してから経験を積むことで伸ばせますので
プログラマーという職種に向いているかなあと思います。

またよく未経験者は転職をする前に技術力の不足を心配していますが
雇う側はコミュ力の方を重視している傾向が高いです。

なぜならば、技術力は仕事をし続けていけばそのうち上がっていきます
何よりコミュニケーションがきちんと取れ、相手の言うことを理解できるからこそ
その現場で通用する技術が身につくという考えで人を採用している
ケースが多いからです。

なので今は技術力にあまり自信はなくとも「ある程度のコミュニケーションはきっちり取れるぞ」と
思われる方ならば、普通にプログラマーになれますし
経験を積んでいくことでどんどんとレベルアップを図っていけると思います。

プログラマーに向いていない人

プログラマーに向かない人

では次は逆に、プログラマーに向いていない人の特徴を
お伝えしていこうと思います。

1人で集中して作業をすることができない人

まずはここですね。自分1人で作業をし続けられる人でないと
なかなかプログラマーという仕事は務まりません。

先ほど”ある程度のコミュ力が必要”とは言いましたが
とはいえプログラマーの仕事って大半が自分1人で行うもので占められています。

自分1人で今日行うタスクを決定し
自分1人でコツコツとコードを打ち続け
自分1人でバグが出れば問題解決に図る、など
1日8時間働くとするのであればそのうちの6-7時間は
基本的には1人で作業をする、というのがプログラマーの日常です。

なので「ずっと人とコミュニケーションを取っていないといやだ」とか
「1人だと集中が続かずに眠くなってしまう」みたいな人にとっては
プログラマーの仕事は”ただの苦行”と化してしまう可能性が高いです。

自分1人で作業し続けることが苦にならない人でないと
プログラマーという仕事は続けるのが難しいかなと僕は思います。

プログラミングに興味がない人

次にこの点ですね。
どれだけプログラマーが将来的に高給が望めるとはいえ
プログラミング自体に全く興味がなければ
プログラマーという職業は選択しないほうが良いかなと思います。

先ほど継続して学習できる人がプログラマーに向いている、とお伝えしてきましたが
やはり継続の重要な要因の1つ「技術に興味があること」が上げられると思います。

これまでの人生を振り返ってみてもらいたいのですが
長きにわたって継続できたことってやっぱり
自分が好きだったり興味があったりしたことではないでしょうか?

「自分の書くコードを良い質の高いものにしていきたい」とか
「新たな技術を学んで自分の知見を深めたい」とかっていう
仕事そのものに対しての興味関心がある程度はないと
継続して仕事をしていくこと自体が難しくなってきます。

いきなり「リードエンジニアになりたい」とか
「半年でSEになりたい」とかっていう大それた目標が持てるほどの意欲は必要ありませんが
少なからず仕事自体に興味を持っていないと
長期間にわたって継続していくことが難しい職業だと思います。

根性で全てを解決しようとする人

最後にこの点ですね。根性で全てをなんとかしようとする人、
つまりは工夫ができない人もプログラマーには向いていません。

というのもプログラマーという仕事は「際限なく求められることが上がっていく職業」
であるからです。(どの仕事もそうかもしれませんが)

テストがある程度できるようになったら次は開発をやり始め
開発がある程度できるようになったら設計を任され始め
設計がある程度できるようになったら、案件の数を多く任され始め
案件を多く回せるようになったら、これまでとは違う言語・環境での案件を振られ始め
とできるようになればできるようになる程
どんどんと要求(そして単価)が上がっていく仕事であります。

なので「処理効率を上げるためにタスクの切り分けに注意しよう」とか
「この作業は自動で行えるようマクロやSQLでも組んどくか」みたいな感じで
自分の時間あたりの生産効率を高めるために
工夫を行っていける人でないとシンプルにキャパオーバーしてしまう可能性が高いので
プログラマーという仕事は難しいかなと思います。

逆にいえば、いい意味で「楽をしながら仕事をしたい」と思う人の方がプログラマーに向いていたりもします。
これは各人によってかなり違いの出る部分だと思いますので
自分がどんなタイプなのかを分析した上で
プログラマーに向いているか否かを判断してみて頂けますと幸いです。

文系でもプログラマーになることはできるのか

文系卒でもプログラマーになれるのか

ではこの辺りで、未経験からプログラマー転職を検討されている方の多くが不安に思われる
「文系卒でもプログラマーになれるのか」
という疑問についてお答えしていこうと思います。

こちら結論からになるのですが

文系卒からでも十分、プログラマーに転職することは可能

です。

まあ普通に僕自身、文系卒で営業しかやったことなかったのに
プログラマーになれていますし、現場に入ってくる未経験の人も
結構文系卒いますしで「文系でも余裕でなれるなあ」と思うことが多いのですが
そう思う理由を2つほど紹介していこうと思います。

シンプルに人が足りていないから

まずはここです。シンプルに異常なほど人で不足です。

IT人材不足のグラフ

こちら経済産業省が公表しているグラフになるのですが
ご覧の通り、IT人材の不足は深刻なものとなっています。

「人手が足りない。だから募集する」というシンプルなロジックで
未経験・文系卒からでもプログラマーになることができるのが現状です。

ただ一方で、どんどんと文系・未経験卒からプログラマー転職をする人が
増えてきているため、採用要件は少しずつ難しくなってきているのも事実です。

例えばある程度コードを書ける必要があったり、ポートフォリオを持参して
面接に望まなくてはならなかったりと
コードを書いた経験もほぼなく、ポートフォリオなんて1ミリも作らず
面接だけで突破できた1年ほど前の僕の時代とは打って変わって
少しずつ採用難易度が高くなってきています。

なので文系卒・未経験からでも今であれば十分採用はされるでしょうが
「チャンスの女神は前髪しかない」ということは念頭に置いておく必要があるでしょう。

論理的思考力と同等以上にコミュ力が重視されるから

次にこの点ですね。
こちらプログラマーになる前はなかなか気づきづらい点なのですが
プログラマーという仕事は技術力と同等以上に
コミュニケーション能力が必要とされる仕事であります。

僕もプログラマーになる前は「頭のいい人が小難しいことを考えながらやる仕事」とか
「とにかく技術力をつけないと話にならないんだろうな」と
少しプログラマーという仕事を誤解していましたが
実際に1年ほど働いてみて、技術力と同じくらいコミュ力が必要とされることが理解できました。

というのもプログラミングを何のためにするかというと
「顧客が望むサービスやシステムを開発するため」でして
どれだけ技術力があっても「相手が何を望んでいるのか」がわからなければ
技術なんて無用の長物と化してしまうからです。

だからこそ「相手の考えを類推し、理解しようとする力」がプログラマーにも必要とされます。

「セキュリティ対策がきっちりしたシステムを作りたいんだなあ」とか
「〇〇なお客さんがサイトを利用することを想定しているんだな」とかと
相手がどんなイメージを持って依頼を投げてきているのかを理解し
その理解をベースとして技術力を発揮していく必要があります。

前述した「ある程度コミュニケーションを取れる必要がある」というのは
この点に通じてくるものであり
これまでに人と接する機会の多い仕事についていた人ならば
あとは技術力をつけるだけでどんどんと活躍できるプログラマーになれると思います。

ぜひ文系・理系という縛りで可能性を削ぎ落とすのではなく
「文系卒だからこそ活かせるポイント」に目を向けて
プログラマーという仕事に対しての認識を変えることができると
転職成功に近くのではないかなと思います。

適性診断ができるサイトの紹介

エンジニアに向くか診断できるサイト

ここまで僕の経験談をもとにプログラマーに向いている人が
どういった人なのかを述べてきました。

もっといろんな視点からも自分がプログラマーに向いているのか否かを
知りたいと言う人も多いかと思いますので
オススメの適性診断のできるサイトを紹介しておこうと思います。

リクナビ適職診断

リクナビ 適職診断

こちら僕のも就職活動期や転職活動期に使用した
リクナビの適職診断サービスです。

このアンケートに答えることでリクナビが抱えるこれまでの
数々の求職者の傾向から自分にどんな適性があるのかを
教えてくれます。
自分だけで自分のことを客観視するのってとても難しかったりします。
手軽に3分ほどでできるのでぜひ
自分の適性を知る判断材料を増やしてみてください。

未経験からプログラマーになるための具体的な方法

エンジニアになるための勉強

この記事も終盤にさしかかってきました。
これまででプログラマーに適性がある人はどんな人か、や
文系卒でもプログラマーになれる理由をお伝えしてきましたが

「でもどのようにしてプログラマーになればいいんだろう、、、」

具体的な転職方法で悩まれる方も多いと思います。

この点に関してはこの記事内で説明し切るのは難しいため

【プログラマーになるには?】未経験からプログラマーになった僕の体験談を紹介します

こちらの記事に具体的にまとめてあります。

ここまでこの記事をお読み頂いてプログラマーに適性があるなと思われたり
プログラマー転職に興味が湧かれた方はぜひ読んでみてください。

まとめ

プログラマーになった先の未来

最後までお読み頂き、ありがとうございます。
この記事ではプログラマーに向いている人や
未経験からでもプログラマーになれる理由を
僕の体験談を元にお伝えさせて頂きました。

令和になり、先が見えずこれからどうなるのかが検討もつかない時代になってきました。
僕の持論になりますが、こんな混迷の時代で生き抜いていく方法は
「変化にうまく適応し続けること」だと思います。

過去の成功を捨て、正しく情報収集をしながら、勇気ある決断を行っていく、
その積み重ねの先に、自分の欲しい未来が待っていると僕は確信しています。

未経験や文系卒からプログラマーになるのは確かに怖いですし
僕自身、今は意気揚々とこんな記事を書けていますが
実際に入社する前日は恐怖で一睡もできませんでした。(笑)

でもそんな怖い決断をしたからこそ、今の充実した毎日がありますし
みなさんも怖い決断を乗り越えれば明るい未来が待っているでしょう。

ぜひ自分の未来を信じて、勇気ある決断を行ってください。
同じ経験者をしたものとして、全力で応援しておりますから。

ではでは今日はこの辺りで。