【副業で稼ぐコツ】副業したい人に副業経験者がお伝えします

副業したい 仕事

はい、どうもこんにちは、ANOくんです。

 

・副業したいけど本当に稼げるのかな、、

・会社にばれたりしたら怖いな、大丈夫かな、、

・おすすめの副業ってどんなのがあるんだろう、、、

 

今日はこんな悩みにお答えしていこうと思います。

僕自身、副業であるこのブログを始めるときはすごく迷いました。

 

・本当に収益上がるんかな?

・会社にばれたら色々面倒なことになりそうだな、、、

 

などと腰を上げるまでに時間がかかったのですが

1年以上続けた今、収益も少しずつ上がり出しました

会社にバレることもありませんでした。

そこで今回はこれから副業をしてみようかなと思っている方に

オススメの副業や副業で稼いでいくコツなどを

僕の経験談を交えてお伝えしていこうと思います。

副業をしたい人は増えてきている

まず初めに副業を始めようとしている人はどんどん増えてきています。

こちらは厚生労働省発表のデータなのですが

副業希望者の推移

右肩上がりで増えてきてますよね。

 

終身雇用制度が崩壊していることと給与増が見込めないことから、やりたい人が増えてきているんだろうね

 

会社に副業バレを防ぐ方法

 

会社にばれたら結構面倒じゃないかな?

 

これみんなが思うところだと思うのですが

 

何百万って稼げるようにならないとまずバレないよ

 

僕自身、このブログを運営して1年以上になるのですが

この点不安な方も多いと思うので、会社で身バレを防ぐ方法を

  1. Web上での副業をする
  2. 法人格を持つ
  3. そもそもバレない

の3つ紹介していこうと思います。

Web上での副業をする

最初はここ。

Web上での副業だと基本的にバレません。

理由は簡単で、匿名で行えるからです。

例えば僕のようにWeb上でブログを持つと

基本的にバレることはないでしょう。

法人格を持つ

次にここ。

法人格を持つということです。

副業の年間の所得が20万円を超える確定申告を行う必要があるので

会社に税理を丸投げしているとバレちゃいますが

自分で法人を持ってるとバレません。

また、そもそもブログを始めても

最初の1年で年間20万稼げる人って

100人中4-5人くらいだと思うのでそこまで心配する必要もないです。

そもそもバレない

上記の理由からわかると思うんですが

そもそもWeb上で副業してたらバレません。

今をときめくDJ社長すら知らない人がいる世の中で

始めたてての人間が認知されることってまずないのが現実です。

職場の近くのコンビニで働いていたりするとバレるかもしれませんが

そもそもそれは選択としてナンセンスだし

この記事の読者はそんな愚かなチョイスはしないでしょう。

おすすめの副業5選

 

どんな副業がオススメなの?

 

 

僕がこれまで見てきた中でのオススメを紹介するよ

 

全部で

  1. ブログ
  2. プログラマ
  3. ライター
  4. 動画編集
  5. せどり

の5つあるのでこれから順々に見ていきます。

ブログ

まずはブログ。
これは個人的にもイチオシです。

副業ブログのメリデメ

何が良いかって、自分が働いているときに

Web上で仕事をしてくれることですね。

時給労働をしているうちって自分が働かないと

お金ってもらえないけど

ブログのように勝手に稼いでくれる仕組みが作れれば

自分が働かなくてもお金を稼いで来てくれます。

どれだけブログオワコンって言われても

やっぱりビジネスモデルとして優秀なので

副業としてかなり良い選択かなだと思います。

プログラマ

次にプログラマ。

これ僕の本職なんですけど

今時代の流れもあって需要がめちゃくちゃあります。

副業プログラマのメリデメ

IT人材不足のグラフ

これも厚生労働省のデータなんですけど、えぐい不足ですよね。

とにかく人手が足りない業界なので

スキルをつけると引っ張りだこになる職種です。

 

でもこれ仕事ってどこで見つけたらいいの?

 

 

Lancersとかクラウドワークスていうサービスがあるよ。

 

基本はここから受注している人が多い印象です。

ざっと案件を見て、どのくらい勉強したら稼げそうか逆算して副業開始してみるのも良い選択かと。

ライター

ライターもいいですね。

文字書いたり考えを整理したりするのが得意な人にオススメ。

副業ライターのメリデメ

ブログと違って納品すればお金がもらえるところが良いと思います。

一方で文字単価を上げる工夫をしないと時給が悲しいことになっちゃうので

そこの努力は必要かなと思います。

動画編集

プログラミングと同じくらい

動画編集も需要が過熱してきています。

 

副業動画編集のメリデメ

 

需要の過熱と比例して、編集スキルを学べるサービスも乱立しているので参入がしやすいかな、と。

せどり

最後にこれ。

商売の基礎基本を地で行うせどり。

「安く仕入れて、高く売る」を行い続けるお仕事です。

副業せどりのメリデメ

 

結構作業としては地味なのでコツコツした単調な作業をし続けられる人に向いてるかな。

副業で稼ぐコツ3選

 

オススメの副業はわかったけど、自分でも稼げるのかな、、?

 

 

副業で稼ぐにはコツがあるよ。体験談を元に話すね

 

副業で稼ぐコツは

  1. 時間を区切る
  2. 仕事という意識を持つ
  3. その分野のプロに教わる

の3つあります。1つずつ見ていきましょう。

時間を区切る

まずはこれ。

基本的にみんな本業以外の時間を捻出して副業をするワケなので

「時間を区切る意識」がめちゃくちゃ大事になります。

例えば僕の場合

・仕事終わりは19:00-21:00は必ず机に向かう

・平日に行うタスクを決めておく

・その時間SNSは見ない

とかをルールにして少ない時間を活用できるよう工夫しています。

本業みたいにガッツリ時間を投下できるワケではないので

少ない時間を最大限効率よく使う意識が副業で稼ぐには大事になります。

仕事という意識を持つ

次にこれ。

仕事という意識が大事です。

 

お小遣い稼ぎじゃダメなの?

 

 

ダメ。お金払ってくれる人がいるんだから

 

副業を本業より手を抜いて良いって考える人いますが

その考えだと基本うまくいきません。(昔の僕です)

なぜなら

・お金を払ってくれる相手がいるから

・会社の看板でなく、自分の看板でやる必要があるから

です。

特に2つ目が大事。

本業は多かれ少なかれ会社に守られ、会社の看板を使いながら

どこどこの〇〇さんとして仕事ができます。

ですが副業は自分の看板で戦う必要があり

場合によっては本業よりもシビアに評価されます。

 

肩書きのない自分のスキルが評価されるという意識が大事なんだ

 

では次見ていきましょう。

その分野のプロに教わる

最後はここですね。

その分野のプロに教わった方がいい。

 

理由は「そっちの方が回収が早いから」

 

早く成果の出る人でない人

これどっちがいい点とると思います?

Bくんですよね。

学び方を教わるのと同じように稼ぎ方も教わった方が早いです。

 

2chの創業者で有名なひろゆきさんも、お金のない若い内は自己投資が一番効率いいって言ってたよ

 

教えてもらうために払った代金は

後で回収すればいいだけだし、

お金を払ったことで「取り返そう!」とやる気も出ます。

まずは人に教わり、稼げるようになっていきましょう。

副業で人生の選択肢の増加を

今日はオススメの副業副業で稼ぐ方法を見てきました。

 

ジョブ型雇用も広まりだし、どんどん個人のスキルが人生を左右する時代になってきてる

 

信じられるのは国でも政治家でも会社でもなく

自分個人のスキルのみな時代が到来してきました。

コロナショックで大不況に陥りましたが

スキルのある人ない人で明暗が分かれたのは

良い教訓を教えてもらえたと個人的には思っています。

スキルを磨き、自分に投資し、人生を切り開こう。

それしかこの時代に生き残る術はないから。

よく読まれている記事

BlogHacksを参考に、初心者がブログで収益化を目指し執筆した結果】

【マナブログさんの記事・動画を参考に、1ヶ月間SEOを意識してブログを書いてみた結果】