【ライティングスキルを確実に伸ばす方法】日常生活にすぐ取り入れられます

ライティングスキルを伸ばす ブログ

はい、どうもこんにちは、ANOくんです。

ライティングスキルってどうやったら上がるのかな、、
もっと上手な文章を書けるようになりたい、、
ライティングスキルを伸ばす方法を知りたい、、、

今日はこんな悩みにお答えしていこうと思います。

日常のあらゆる場面で「文章を書く」という行為は行われますよね。
メールでのやりとり、資料の作成時、ツイートをする際などなど
至る所で文章を書きながら僕たちは生活しています。

ただ一方で「ライティングスキルの上げ方」は日常生活の中で
教わる機会が少ないのも事実だと思います。

そこで今回は1年以上ブログを運営した僕が
実際にやってみてライティングスキルが伸びた方法をご紹介していこうと思います。

ライティングスキルを伸ばす方法5選

ライティングスキルを伸ばす方法

では早速ライティングスキルを伸ばす方法について見ていきましょう。

とにかく書く

まず始めにここですね。
ライティングスキルを伸ばそうと思ったら
まずはとにかく書いてみることが大事になります。

実際のところ
「ライティングスキルを伸ばしたいな,,,」と思いながら
本を読んだり、お役立ちサイトを見るだけで
手を動かしていない方って意外と多いんじゃないでしょうか。

実は過去の僕もそのうちの1人で
良いキャッチコピーだの刺さる文章術だのと
ただただインプットするだけで全然手を動かさない時期があり
もちろんその期間は文章力などこれっぽっちも上がらず
ただのノウハウコレクターになっていました。(泣)

これ例えるなら、営業マンがトップセールスの書いた本とか
仕事術の本ばっかり読んで、全然アポに行かないのと同じ状況です。
これじゃいつまで経っても営業力は付きませんよね。

確かに最初は本に書いてあるようなことは書けないし
思うような表現ができないでしょう。
ですが、手を動かしつつ徐々にスキルアップしていくしか
実際のところライティング力を上げる方法はありません。

「将来上手に書けるようになろう!」という前向きな気持ちで
まずは何かを書きながら修正していくという習慣を作っていきましょう。

上手な文章を書いている人から学ぶ

次にここですね。
自分が「上手だな」と思える人の文章を
しっかり分析してみるのも大事です。

ここでミソなのが
ただ「上手だな〜」と感じながら人の記事を読むのではなく
「なんでこんなにしっくりくるんだろう?」
考えながらその人の記事を読むことです。

そういう読み方をしていると
「一文一文が簡素だからすんなり読めるんだな」とか
「構成がスムーズだからストレスなく読めるのかも」と
自分なりの意見が必ず出てきます。

そうすればしめたもので、そこで出た意見を
自分の文章にどう反映したら良いかを考えながら書いていきましょう。

すると次第に自分でも納得のする文章が書けるようになりますし
「もっと良い文章を書くには?」とモチベーションも上がり
さらに良い文章が書けるという好循環に乗ることができます。

本を読む

また本を読むというのも大事です。

これは言わずもがなかもしれませんが
「上手な文章の型」というものが世の中には存在します。
まずはその基本的な部分を抑えないと
なかなかライティングスキルは上達していきません。

剣道や茶道の世界では「守破離」という言葉があります。
修業における段階を表したもので
簡単に言うと、師の教えを「守り」、身に着いたら教えを「破り」、
そして教えから「離れる」というプロセスを経ます。

みなさん肌感覚で理解されているかもしれませんが
最初から我流で物事を始めて成長できるのって一握りの天才だけで
僕を含め一般人はまずは基礎基本をしっかり抑えるところから
成長は始まっていきますし、読書とはそのために必要となります。

まずは型を身につけ、その上で自分のオリジナリティが出せるよう
意識しながらスキルの向上を目指しましょう。

なんのために書いているかを意識する

そして個人的にはここがかなり重要だと思うのですが
「なんのために書いているか」を意識しながら文章を書くのが
ライティングスキル向上には必須だと思います。

理由は簡単で

どんな文章にも目的があるから

です。

例えば本を書いている作者って
読者を感動させようとしてその文章を書いているはずです。
どんな読者がこの本を読むかを想定し
その人の考え方やライフスタイルなどをイメージし
どんな流れでどんなことを伝えると
読者の感情が昂ぶるかをきっと考えながら書いています。

なので無目的にただただ書き続けていても
ライティングスキルは上達せず、時間の無駄となってしまいます。

この文章は誰のために書いているのか、
なんのために書いているのかを念頭に置きながら
文章を書いていけるようしましょう。

第三者からの評価をもらう

最後にここですね。
第三者からの評価をもらうと
自分の文章を客観的に見れるので効果的です。

自分の文章って書けば書くほど
自分のクセが出やすくなってきます。
このブログも他の記事を読んでいただいたら分かると思うのですが
構成だったり文体だったりって結構似たりよったりに
なっていると思います。(笑)

そのクセがいい意味で個性になっているのなら良いのですが
ただ読みづらい文章になることもあるので
第三者からの客観的な意見もたまには聞いてみるのが吉です。

下記の記事でまとめているのですが

【BlogHacksを参考に、初心者がブログで収益化を目指し執筆した結果】

僕はBlogHacksというサービスで
記事に対してのアドバイスをちょくちょく頂きながら
ブログの運営をして行っています。

もちろん自分で書いて納得するのも大事なことなですが
良い文章とは評価してくれる読者あってのものです。
少し恥ずかしいかもしれませんが、適宜第三者の意見を取り入れながら
自分の文章を修正していくことも
ライティングスキル向上に大きく寄与するでしょう。

ライティングスキルは人生の基盤

ライティングスキルは人生の基盤

今回は僕のブログ運営の経験をもとに
ライティングスキルを向上させる方法をご紹介させて頂きました。

文章というものは怖いもので
その人の人となりが全て出てしまいます。
どういう性格なのか、どんな考え方なのか、どのくらい勉強しているのか
などなど、その人を成す様々な要素が
文章には滲み出てしまいます。

ですが一方でライティングスキルを磨くと
個人の魅力をよりアピールでき
様々な場面で大きなメリットを享受する可能性が高まる
とも考えられます。

仕事面でもプライベートでも
文章を用いてのコミュニケーションはなくなるどころか
テレワークが推進されたことにより
さらに増していくことでしょう。

頻繁に使われるコミュニケーションツールだからこそ
少しずつでも磨いていくと
人間関係も仕事の成果にも大きく影響を及ぼします。

ぜひ、この機会に自身のライティングスキルを少しずつでも伸ばしましょう。
その努力がきっとあなたの日常をより輝かせるでしょうから。
ではでは今日はこの辺りで。